☞最新の投稿

ピッツァからジャズへ〈二〉

イメージ
前回からの続き。シチリア風ピッツァの“セモリナ粉”つながりでmas氏の“手料理日記”なるものに着目し、ジェニー・ライトとエリック・トゥルイユ共著の料理図鑑『ル・コルドン・ブルー クッキング・テクニック』(プロトギャラクシー、東京校監修)の本を眺めていると、子どもの頃に夢中になって観ていたテレビ番組「世界の料理ショー」(1970年代に放送されていたカナダの料理バラエティショーで、料理研究家グラハム・カー氏が料理をしながらコミカルなトークを展開する。そのトークのペダンチックな料理解説だとか夫婦ネタでスタジオ内の観客は騒然大爆笑。出来上がった料理は家庭料理ながら贅沢で垂涎の的だった。番組原題は“The Galloping Gourmet”)だったり、サントリーがスポンサーだったテレビ東京(当時は東京12チャンネル)放送の「すばらしい味の世界」という番組では、俳優の柳生博氏が番組進行役で、国内の高級レストランの料理を巧みな映像美で魅せていたのを、ふと思い出す――。mas氏がブログ上で見せてくれた手料理には、そうした風情が香り立つのだった。
 そんなmas氏のウェブを眺めていて、「子育て雑記」というコンテンツの中に、「うちの子のお気に入りの音楽」というページがあったのを見つけて開いてみたのである。これは、mas氏が2006年の12月に作成したページで、愛娘さんが幼児の時に好んで聴いていた音楽を9曲ピックアップしているのだ。
§
 そのうちのジャズの1曲が、ブルーノート・レーベルのアルバム『The Rumproller』の1曲目「The Rumproller」であった。トランペッターのリー・モーガン(Lee Morgan)がリーダー。テナー・サックスはジョー・ヘンダーソン、ピアノはロニー・マシューズ、ベースはヴィクター・スプロールズ、ドラムはビリー・ヒギンズで、1965年の録音である。mas氏は、この「The Rumproller」を聴いて踊る愛娘さんについて、こう述べている。《3歳になった秋、ランプローラーのリズムに合わせて、身体を揺らしながら、頭の上で手を叩いたりしている》――。これを読んで私は、リー・モーガンに着目したわけである。2020年の3月末。そのコロナ禍の最中、彼のトランペットの音色に惹き込まれ、夜な夜な身悶えしたのだった。
 そもそも、オルガニストのジミー・ス…

千代田学園の学生文芸誌

【千代田学園の学生文芸誌『どん』第16号】
 私が22年前に卒業した千代田工科芸術専門学校[音響芸術科]に在学中、芸術課程が発行した学生文芸誌『どん』というのがあった。
 『どん』は、学校の芸術課程のうちのマスコミ文芸科と宣伝クリエイティブ科の学生が主幹となった、B5判180ページほどに及ぶ少々分厚い文芸誌である。在学の2年間に計3冊配布された。
 講師や学生らの共作とも言うべきルポタージュや随筆、戯曲、短編小説、詩、写真やイラストなどで構成されており、学生が主体となって発行したということ以外、一般の文芸雑誌と何ら相違ない。

 私はこの『どん』を、今でも3冊すべて所有している。あまり記憶にないのだが、入学当初に見本的な意味合いで1冊配られ、毎年春毎に発行されたらしく、ともかく3冊が手元に残っている。音響芸術科だった私は直接、この本とは関わりないが、音響芸術科は同じ芸術課程の一科であったから配られたのだろう。私自身、この『どん』に対して、在学中は特に興味を示さなかったが、卒業してからたびたび思い出しては読むことがあった。尚、『どん』にはその年度の卒業生名簿が附録されているため、どうしても捨てることができなかった。したがって、最も読み返しているのはその卒業名簿である。

 しかし、急に懐かしくなってそれ以外の中身を読んでみたくなった。――思いがけず繙読していくと、学生投稿の詩集となっている「琥珀集」(丸地守選)が目にとまった。

【『どん』第16号「琥珀集」より「石」(李溶彩)】
《「石」 李溶彩(放送芸術科二年)
待つのだ
音も立てずに
太古人の影がなかった頃から
石はここで待っていた
時間を止める力が
時間に耐える力が
この小さい石にはあったのだろう

白い肌にはとんぼの陰

待つのだ音も立てずに
月は言う
ある春の夜明け
静かに石が風になるのだと……。》
(『どん』第16号・93年春季特別号「琥珀集」より引用)

*

 つい先日、およそ2年ぶりに学校跡地である上野の下谷1丁目付近を散歩した。
 精神的に何かに駆られ、あるいは精神的に何かをリセットしたくなる時には、今でもこの界隈を歩いてみることにしている。そうすると不思議なことに心が落ち着く。あの頃の学生の気分でいられる。そして新鮮な気持ちになって空想と現実の折り合いが付く。私にとってそこは特別のスポットとなっている。

 およそ5年ほど前までは、上野駅入谷口から下谷1丁目へと向かう小道にあった“バイク街”はまだ所々健在であった。少なくともその息吹は疎らに残っていた。しかし今、そこを歩いてみると、“バイク街”が20年前に在ったとは想像できないほど、それが完全に消え失せてしまっていた。記憶から遠ざかる寂しい風景だ。

 あの頃、文芸科の学生が幾度となく利用したであろう「文具の島田屋」もわびしくそこに佇んでいる。この裏通りで学生らが擦れ違う時、かつて何かが生まれたのだ。何かがはじけたのだ。だが今は、風が吹くだけだ。

 詩人になろうとしている。私が、ではない。この空間が。私という視線を通じたこの界隈が。詩人となろうとしている。留学生だった李溶彩さんが予期したわけでもなかったろうに、いま私が見ているのは、紛れもなくその「石」なのであった。

コメント

過去30日間の人気の投稿

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

人生ゲームと約束手形

YELLOWSという裸体

樋口可南子と篠山紀信

拝啓心霊写真様