☞最新の投稿

写真小説『サーカスの少年』のこと

イメージ
中学を卒業してからの高校の3年間は、あっという間に過ぎようとしていた。かろうじてその時、まだ17歳だった。私と友人は、あと数ヶ月で卒業という只中に、こんな会話をしたのである。「俺たちって、もうすぐ18歳になるけど、18歳ってさ、もうオッサンだよな」――。
 部屋の中で一瞬、会話が途切れたのを憶えている。17歳と18歳はやはり根本から違うのだということを、友人は溜息を漏らしながら暗い口調でリアルに告げるのだった。  17歳までは子供として扱ってくれる…。が、さすがに18歳ともなると、既にボクたちは、心も体もすり切れて《少年》ではなくなる。虚栄心が強かった《少年》としての今までとは違い、18歳の“オッサン”になるとは、いったいどういうことなのだろうか。  それは漠然とした不安であった。そうした最後の高校生活をやり過ごそうとしていた頃、ミュージシャンで作詞家の松本隆氏がストーリーを創作した、写真小説『サーカスの少年』刊行の“噂”を、どこからともなく耳にしたのだった。やがて、私と友人は、同じ時期に誕生日を迎え、実体としてとうとう18歳という“オッサン”になっていった。そうなると自ら観念し、その事実に屈伏せざるを得なかったのである。
§
 まさに私が、《少年》と訣別を果たした直前の、1990年春。リアリスティックに刊行された『サーカスの少年』(東京書籍)という写真小説の“噂”は、おそらくラジオかなにかで知り得た、些細な話題の一片だったのだろう。  『サーカスの少年』――。モデルから転身し、写真家デビューを果たした安珠氏の純真なるフォトグラフが濃密に収録された写真小説本。松本隆氏が綴った軽いタッチの小説の内容は、そうした風の“噂”で耳にしていたのかも知れなかった。
 ――都会の沿線のとある町。両親を交通事故で失い、ひとりぼっちになった少女“そよぎ”が、学校にも行かず、この町にひっそりと暮らしている。電車の操車場に面した家には、父親がかつて集めていた骨董の古時計があちらこちらにちらばってある。
 ある日、湯船に浸かっていた“そよぎ”は、線路の上の電線が見える天窓から、浴室にいる自分の顔を覗き込む不思議な“少年”と出会う。“少年”は、この町にやって来たサーカス団の一員で、綱渡りの芸の練習のために電線の上を歩いていたのだ。駅の近くの空き地には、サーカス団の巨大なテントが張られ、…

2015年マッカートニー再来

開場数時間前の東京ドーム
 1990年のマッカートニーのワールド・ツアーで、東芝EMIが発行した国内広報宣伝用の小冊子(当ブログ「ポール・マッカートニー~サウンドの啓示」参照)が懐かしい。
 その時以来ずっと手元に置いているこの小冊子が、最近凄まじく擦れて擦れて、裏表紙が完全に剥離してしまったのを見て、私は思わず苦笑いした。しかし捨てるわけにはいかない。
 思い出の詰まったマッカートニーの1990年小冊子は、当時まだ高校生だった私にとって最良の資料だったわけだが、その資料的役割においては、ここで一応終えたのだな、ということをなんとなく感じた。月日の流れが早い。

 つい先週、ブログでニューヨーク・シティ・バレエ団の古い公演のことを書いた(「『洋酒天国』とニューヨークのバレエ団」参照)。それに関連して、マッカートニーの、2011年に出されたアルバム『Paul McCartney's Ocean's Kingdom』を、私は今東京ドーム公演前に聴こうと思いつつ、結果的にそれがまだ実行されていないのも、“マッカートニー譲り”(?)の楽観主義者的思考があるからだろう。
 このアルバムはマッカートニーがニューヨーク・シティ・バレエ団のために書き下ろした曲を、ジョン・ウィルソン指揮ロンドン・クラシカル・オーケストラが演奏した4楽章の作品集である。

*

グッズ売り場の長蛇の列
 夏日となった去る27日、ポール・マッカートニー「OUT THERE JAPAN TOUR 2015」の東京ドーム公演に足を運んだ。一昨年に続く2度目の東京ドームである。

 あの時以来のポールは、やはり元気であった。もはや“ポール語”とも思える彼の“流暢な”日本語も、随分と慣れてきたせいかメリハリがきいて、観客との頓知芸の域に達した感がある。面白い。
 そんなポールの、ショウを堪能する――。前回は「Eight Days A Week」(当ブログ「かまちの青春とBEATLES」参照)に感動した私は今回、単純に「New」やホワイト・アルバムあたりの曲(「Ob-La-Di, Ob-La-Da」や「Helter Skelter」)に感動した。それはもう理屈ではない身体の感触の興奮だ。

 案の定、湿度が最高潮に達した熱気十分のショウを観終え、ドームを出て夜の本郷1丁目の交差点を渡る時、自然に「Another Day」やら「Hey Jude」を口ずさみたくなったわけだが、何故か「Listen To What The Man Said」のフレーズがひょこっと浮かんできた。あれ?今回のショウで歌ったかしら? ともう頭の中で混乱してお祭り騒ぎになるのである。

ポール様、またどこかで会いましょう!
 “現在”のポールが過去の曲を歌う――というのはまさしく“現在”のポールを如実に示していることだ。エクセレント。屁理屈でもなんでもない、過去のポールの幻影やら絵空事でもない正真正銘の事実。
 マッカートニーらしさというのはそのあたりにある。レトロな、歴史の中のマッカートニーではなくて、今の、“現在”のロックでポップなポール・マッカートニーがそうさせている。世界中を動き回っているポール。我々ファンがそれに向き合えるのは、本当に幸せなことだ。

 生きていて幸せなことを、軽くなにげに、皆で楽しく語り合えるのが、ポール・マッカートニーのショウの極みであろうか。まだまだ余韻が続く。♪ Listen To What The Man Said ♪――。

コメント

過去30日間の人気の投稿

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

人生ゲームと約束手形

YELLOWSという裸体

樋口可南子と篠山紀信

さようならヨーカドー