投稿

5月, 2015の投稿を表示しています

☞最新の投稿

寺山修司が語る音楽とエロス

イメージ
【1983年刊、サントリー音楽叢書③『エロス in Music』】  個人的にここしばらく文学や演劇に関しては、寺山修司に着目し、その周縁の人々や作品に没頭していたいと思った。ごく最近知り得たのは、寺山修司がエロス(肉欲から通ずる愛。性愛)について述べた言説である。寺山と民族音楽の造詣が深い小泉文夫とが、“対談”という形式で、音楽に係るエロスについてのディスカッションを編纂した、ある書籍の企画があった。1983年刊のサントリー音楽叢書③『エロス in Music』(サントリー音楽財団・TBSブリタニカ)である。  はじめにざっくりと、この本のシリーズ――サントリー音楽叢書――について解説しておく。1982年1月に、最初のサントリー音楽叢書①『オペラ 新しい舞台空間の創造』が刊行された。この本の主なトピックスとしては、ドナルド・キーン、山田洋次、大木正興らによる鼎談「オペラへの招待」や、坂東玉三郎と畑中良輔による対談「オペラVS.歌舞伎」など。同年7月には、第2弾となるサントリー音楽叢書②『1919~1938 音楽沸騰』が出る。2つの世界大戦に挟まれた時代の現代音楽をテーマとし、武満徹、諸井誠、山口昌男らによる鼎談「もうひとつの音楽を求めて」、柴田南雄と高階秀爾の対談「現代への投影」といった内容が盛り込まれている。  ところで詳しい経緯は分からないが、いくら調べてみても、1983年刊のサントリー音楽叢書③以降のシリーズは、見当たらないのである。どうもこのシリーズは、わずか2年の間のたった3冊の出版で打ち切りとなったようだ。  この事情を当て推量するならば、3冊目の『エロス in Music』の内容が、当時にしてはあまりにも、強烈かつ斬新すぎたのではないか――。しかし、その内容が決して的外れなものではなく、かなりエロスの本質に踏み込んだ、音楽との係わり合いについて多様な論客を結集した内容であったことは、言うまでもない。ちなみにこの本の表紙の画は、池田満寿夫氏の作品である。本中にも池田満寿夫と佐藤陽子の二人が、「音楽・絵画・エロス」と題し、随筆を寄稿している。 【本の巻頭を飾る対談「エロス in Music」の寺山修司】 ➽寺山修司とは何者か  では、サントリー音楽叢書③『エロス in Music』における寺山修司と小泉文夫の対談――“音楽の中のエロス”――に話を絞ろう。

『アイズ・ワイド・シャット』のこと

イメージ
【キューブリック監督の映画『アイズ・ワイド・シャット』】  スタンリー・キューブリック監督の1998年遺作映画『アイズ・ワイド・シャット』(「EYES WIDE SHUT」)を、最初に私がどこで、どのようにして鑑賞したのか、思い出そうとしているのだがなかなか思い出せないでいる。いつの間にか、この映画のあらゆるエッセンスが体内に染み込んでいて、それが時に創作への意欲を掻き立てる材料となっているのだが、その90年代、私は既に『2001年宇宙の旅』や『突撃』などでキューブリック監督に心酔していたとは言え、この遺作への初逢瀬とその作品解題が記憶にないとは、誠に甚だしく残念である。  一言で言って『アイズ・ワイド・シャット』は、「夜の闇」の映画だ。そして夫婦の間の、日頃閉じられている「心の奥」の話だ。  いま私が、自身の創作の新たな 「舞踏」 への音楽的試みを為すべく、そういった芸術的感覚を呼び起こすために、『アイズ・ワイド・シャット』を再び観ようと思ったのは、これまで確固たる作品解題をしてこなかったという理由とともに、この映画に秘められた特有の芳香―それを愛とわざわいの臭気と言っていい――を、なんとなく思い出したからだと思う。  観終わってはっきりと、映像美としての《ブルー》が愛(親密な親子愛や夫婦愛、友情、その他の愛情)をイメージさせ、音響効果としての《言葉》がわざわいをイメージさせているのではないかと考察したのだが、私はさらに深淵をさまよい、多くの謎めいた何ものかをインスパイアされた感がある。  キューブリックはこの映画を形にするにあたって、原作アルトゥール・シュニッツラーの『夢小説』(「Traumnovelle」)や自身の長年の「ブルー・ムーヴィー」構想を下地にしたわけだが、私はこの映画を久方ぶりに観て、じわりと思い出した映画があった。ブライアン・デ・パルマ監督の1980年の映画『殺しのドレス』(「Dressed to Kill」)だ。  『殺しのドレス』との初逢瀬の方は、はっきりと憶えている。  それは1987年。私はまだ中学生であった。自宅のテレビに初めて据え付けられた新型のビデオ・デッキ(VHS)の録画を試したくて試したくて、ストックしておいた生のビデオテープで何かテレビ番組を録画しようと、ちょうど始まろうとし

『洋酒天国』とジプシー・ローズ

イメージ
【ボロボロ状態の『洋酒天国』第2号】  ついこの前入手した『洋酒天国』(洋酒天国社)第2号は、所有する同誌の中でも貴重である。『洋酒天国』の初期の号の入手は、現在不可能ではないにせよ難しく、希少価値が高い。  昭和31年5月発行の第2号。表紙はおなじみ柳原良平氏のイラストなのだが、残念ながら私の第2号はもうボロボロだ。他の同誌と違って、第2号を扱う時の手は非常に緊張して汗ばんでしまうほど。全体の痛みが激しく、まるで奈良の高松塚古墳の壁画のように、紙片が剥がれてどんどん時間と共に劣化していっている。きわめて丁寧な扱いが必要。数年後の第2号はおそらく、もっとボロボロで見栄えが悪くなっているに違いない。  それはさておいて、中身。  「私のコクテール」というページを開くと、二人の著名人のカクテルが紹介されていた。そのうちの一人は、先月亡くなられたバレリーナの谷桃子さんである。谷さんは「パ・ド・シャ(猫の踊り)」というカクテルを紹介している。 《白い仔猫が鳥の羽根にたわむれてとびまわります》 とある。とても品がある。ジンと白ワインとキュラソーを混ぜたもの。シャンパングラスにオリーヴの実を添えて出来上がり。おしゃれな気分で口にしたくなる。天国で谷さんはこれをそっと呑んでいるかも知れない。  野田宇太郎氏の「パンの会と酒」というコラムもある。  パンの会は明治から大正にかけて、耽美派の作家や美術家が下町の西洋料理店などで酒宴を開いた集まりのことで、ここでのパンは食べるパンではなく、ギリシャ神話の牧神Panである。私が知見するのは童謡の歌詞でたびたび目にする北原白秋と、詩人で彫刻家の高村光太郎、そして『百花譜百選』で知られる木下杢太郎(当ブログ 「冬ぼたんと木下杢太郎」 参照)くらいで、その他の人はよく知らない。  木下杢太郎の「パンの会の回想」によれば、パンの会は明治42年頃、日本でもカフェーの文化を興してみようということがきっかけで始めたらしく、パリの生活を空想し真似をしてみたかった、とある。ちなみに高村光太郎の回想(「ヒウザン会とパンの会」)では、少ない時に15、6人、多い時は4、50人も文化人が集まったと書いてある。どうもそれは酒を伴ったサロン的風情はなく、酒盛りの場――かなりの頻度で寄り集まる文化人らの大宴会という感じ

リョウくん、オートミールだってよ

イメージ
【これがあのQUAKER OATS】  この夜、私は東広島市西条の酒、「賀茂鶴」をぐいと飲み干した。  そうしてとろりとした触感で舌をよく馴染ませ、私は次に試みる食品を口に含ませた――。もし酒を一滴も飲まずにほろ酔いゼロでこの食品を口に含んだとしたら、この稿はすべてNGになったかも知れない。  その食品は、QUAKER OATSつまりオートミールである。  先日、朝日新聞のコラムで作家・朝井リョウさんがオートミールにまつわる想い出を綴っていた。子供の頃憧れたオートミールを食べてみたら不味かった、という話である。  私はこの記事を読むまでずっと、オートミールとは、西洋の伝統的な家庭料理の煮込み汁か何かだと思っていた。煮込み汁。ソップ。スープ。確かに見た目はスープなのかも知れないが、あれは結局、粥のようなものだ。  私は今までいったい何と勘違いしていたのか。  それは、英国のクリスマス・ディナーに登場するスープであった。『青年小泉信三の日記』(慶應義塾大学出版会)の倫敦日記を読むと、クリスマス・ディナーについての記述がある(当ブログ 「クリスマス・プディングの話」 参照)。ロンドンに留学中であった小泉信三氏の、大正元年12月24日の日記である。その箇所をかいつまんで書くとこうである。 《まず型通り七面鳥の蒸焼を食う》 《クリスマスプディングでブランデーをかけて火をつけて食う》 《クリスマスプディングの外にミンスパイがある。不味そうな果物が出る。乾葡萄、アーモンドが出る。桃か何かの砂糖漬のようなものが出る。何れもうまくはない》 (『青年小泉信三の日記』(慶應義塾大学出版会)より引用)  小泉氏は何から何まで、不味い不味いと言う。そこにはスープの話など一つも出てこない。が、それでも私は頭の片隅で小泉信三のこの日記の部分を憶えていて、勝手な絵空事を想像し、そのクリスマス・ディナーにはスープが出たに違いない…そのスープはオートミールなんじゃない?…漱石だって吸ったことあるんじゃないの…と無茶苦茶につなげて焼き印を押してしまっていた。 【5月9日付朝日新聞朝刊より「作家の口福」】   コラム「作家の口福」の「オートミール 少年の夢と現実」。私はこれを読んですぐさま、オートミール食ってみたい、と思

上野公園散歩の夢うつつ

イメージ
【新緑の上野公園・さくら通り】  私は創作活動である作詞と作曲の構想を練るために、意識的に散歩をしたりする。歩くことで脳が活発になり五感が刺激され、それが作詞と作曲のためのエレメントとなることがある。私にとって東京・上野公園は、そのための最も有益かつ恰好な《宇宙》である。  上野公園内を散歩する――。  頭の中がリセットされ、目に付くもの、耳に入るもの、香り、暖冷のある自然の空気などに触れ、やや時間を要してそれが音感の世界に繋がっていく。言わば作詞と作曲のためのワークショップとなっている。  この《妄想》の旅を始めるには、東博がうってつけだ。 * 【東博の案内パネル】  先月末、東京国立博物館にて特別展『鳥獣戯画─京都 高山寺の至宝─』を観た。園内にある数々のピクトグラフ的な道標に誘導され、久しぶりの平成館へと誘われていく。そして私はその凄まじいほど厖大な文化財や資料の群れに浸透していく。  そこには、暗闇と照明によって彩られた美しい造形と美しい文体とがある。これらはすべて意識下で融合され、観る者の創造性を豊かにしてくれる。その時私は博物観覧という趣旨を超越し、内的音感の混沌とした中に存在する。混沌から具象の音が生まれるまで長い時間を要するが、こうした妄想のプロセスは脳を刺激し、インプットとアウトプットの新陳代謝が盛んとなる。  先月末は上野公園の新緑がまた際立って壮麗であった。瑞々しい黄緑。道行く人とすれ違い、それぞれの人生の一過において、この刹那な黄緑はどんな幸福をもたらすのであろうか。私は道々を彷徨い、心も彷徨い歩く――。  なんの思慮もなく、清水観音堂あたりの石段を降り、動物園通りをわたって不忍池の弁天堂へと向かった。ここに奇妙な石碑がある。  「真友の碑」。 【不忍池弁天堂にある「真友の碑」】  その唐突的な碑の言葉はあまりにも謎めいていた。むしろ弁財天と不釣り合いであった。  後日調べてみると、それは戦前戦後の実業家・上田碩三氏と友人マイルス・ボーン氏の二人を讃えた石碑と分かった。上田氏とボーン氏は1949年、海での水難事故によって共に亡くなっている。ある種の見方をすれば、なんとなく政治的なきな臭さも感じられる。ともあれ、何故この石碑が不忍池にある

中村屋サロンと中村彝

イメージ
 中村屋サロンと中村彝についての本題に入る前に、新宿東口界隈についての個人的な思い出を記しておく。  中学生の頃――それは昭和60年前後――「トーキョー」と言ったら私の中で「シンジュク」であった。新宿がトレンドであった。というくらい、あの頃は何かしらの機会に新宿駅を訪れ、東口界隈をよく歩き回った。  私の中で、東京への憧れは、新宿への憧れと同義であった。  専ら地下のプロムナードを歩き回ってから地上に出、アルタの巨大な街頭ビジョンを見上げつつ、紀伊國屋書店で立ち読みしたり、マルイへ入ったり、あの頃盛んだった新宿コマ劇場での演歌歌手の公演を観たりしたこともあった。そう言えば、スピルバーグ監督の映画『カラーパープル』(原作はアリス・ウォーカーの同名作)を観たのも、確か歌舞伎町の新宿ミラノ座だったし、シアターアプルや紀伊國屋ホールは演劇少年であった私には憧れの劇場だったのだ。  中学高校と演劇仲間が入れ替わる。それでも尚、演劇に関する情報収集の場は、常に紀伊國屋書店であった。話が前後するが、中村屋サロン美術館を訪れた直後、私にとって懐かしい紀伊國屋書店にも足を運んだ。  ここは昔と何も変わっていない。ただし東京においての“変わらない”というのは一過性のもので、次に訪れたらまったく変わっていたということがよくある。たまたま私が“変わらなかった”現状を見ただけに過ぎず、あまりこの場合の肯定は意味をもたない。  紀伊國屋書店(新宿本店)にあったあの頃の熱気は、なんとなく薄れた感がなくもない。  芸術・演劇関連の本が並べられたスペースの、必ずしも群がっているとは言えない程度の、内省的な熱気を帯びた人だかり。あの頃、演劇の本を読むには紀伊國屋書店に行くのが最適と思われ、よく演劇関連のスペースに立ち寄った。  演劇や戯曲関連の売り場には、若手の演劇人がしばし立ち読みしていることもあり、その雰囲気がいかにも演劇人らしさを醸し出していて空間的に味わい深かった。紀伊國屋ホールで様々な公演のチラシを貪るのもよくやった。一つの公演を観終わると、持って帰るチラシの束の分厚さに驚くのである。ともかく、書店の雰囲気は大幅に変わり、いまその種の文化的気勢はどこにも感じられない。 * 【新宿中村屋ビルのパネル】  今年の1月、