☞最新の投稿

プディング妄想そしてプリン三昧

イメージ
芸能人の不倫ほど、食えないものはない。見苦しく、おぞましく、その非難の惨状を取り繕うのに必死な当事者は、家庭人としての体裁と社会への扉があっけなく閉じられようとする瞬間に、己の貧相と終始向き合わざるを得なくなる。  そうした人間の醜さゆえに不倫という。またそれが、仰々しくも侘びの沙汰――出会ってしまったが為の逃れられぬ恋慕――の身の上に生じた不倫であれば、どこか文学的で暗がりの野良猫の徘徊にも似た悲哀が感じられ、人間は所詮善人ではなく、そうした愚かな過誤を一生のうちにふと一度か二度、犯しかねないものである――という諸説入り乱れる含蓄と啓蒙に富んだ、近世の西洋人の警句のたぐいを思い返したりして、例えばまた、そういう調子の映画(堀川弘通監督の映画『黒い画集 あるサラリーマンの証言』)を観たりして、人生の破滅的な断罪やら教訓を反面教師的に心に打ち付けることができるのだけれど、その不倫の現場が――とあるビルディングの地下駐車場の“多目的トイレ”となると――あまりに異様な、とても文学的と称するわけにはいかなくなるのである。
 ここでいう文学とは、純文学のことである。つまり、“多目的”=multi-purposeの意味を履き違えた異形の不倫というよりは、単にお互いが、“もよおして遊ぶ”キュートなフェティシズムの乱遊に興じていたに過ぎなかったのではなかったか。この性癖には、近世のインテリジェンスな西洋人も、言葉を失って頭を抱えてしまうであろう。
 不倫。あちらこちらの小学生がついつい、学校でこんな不謹慎な話題を持ち出しかねなかった。「あのさ、多目的トイレでフリンって、結局、トイレで何すんの?」――。彼らは思春期の余りある好奇心をたえずくすぐられている。性欲の快楽に関する疑問に、半ば騒然とする心持ちを抑えつつも、おもむろに図書室へ行って、厳かに古びた国語辞書を手に取るに違いないのであった。また知性ある女子は、そんな男子の興味本位な話題にはつゆほども関心を示さないふりをしつつ、家に帰ってから、その漠然としたモヤモヤ感を払拭しなければならなかった。その最適な所作として、自身の勉強机の隅に置かれた国語辞書(誕生日に買ってもらったりしたことを思い出しつつ)を、開くであろう。――フリン。そこにははっきりとこう記されているのだ。 《既婚者が、別の相手と性的関係を結ぶこと。【類】密通・姦通・…

拝啓心霊写真様

【有名な心霊写真その1】
 私がまだ小学校へ上がらない頃のことだから、1970年代後半の古い話なのだが、幼少だった私はある心霊写真というものを見て、その怖さのあまり、夜な夜な一人で居られなくなるような思いをしたことがあった。それは2つの有名な心霊写真だ。
 そもそも、そんな心霊写真をどこで見たのかというと、ある雑誌の付録の、小冊子だったと記憶する。その付録の小冊子はまさしく心霊写真特集となっていて、その中にこの2つの心霊写真が掲載されてあった。
 その頃の心霊や超能力ブームは凄まじいもので、その雑誌は“明星”だったか“平凡”だったか、その手のアイドル雑誌だったと思うのだが、そういうスマートな雑誌でも当たり前のように心霊写真を掲載して煽っていた。

 3年前の当ブログ「左卜全と心霊写真」で紹介した本、中岡俊哉編著『続 恐怖の心霊写真集』(二見書房・サラブレッド・ブックス)に再び登場してもらう。
 そこにその2つの心霊写真が掲載してあった。当時のこうした心霊・超能力ブームを煽った火付け役が、この本の著者である中岡俊哉先生だったのである。

*

【中岡俊哉著『続 恐怖の心霊写真集』】
 幼少だった私が初めて心霊写真というものに出会った写真が、この「鬼のお面」の写真だ。

 そこは東京・葛飾区の幼稚園。昭和50年に撮られた写真。私とあまり変わらない年頃の子供達が節分の日であろうか、画用紙に鬼の画を描いて切り取って、自慢げに整列した「鬼のお面」の記念写真。

 右側の背景の下駄箱の上の窓ガラスに、中岡俊哉先生が指摘する“霊体”が写っている。中岡先生の説明では、この霊体は園児に関係のある女性、なのだそうだが、私の眼には髭を生やした近所のおじさんにしか見えなかった。

 不気味といえば不気味なのだけれども、さほどではなかった。
 むしろ私が震え上がったのは、この近所のおじさんではなく、21人の園児の持つお面の方であった。これはどう見ても霊体の顔より怖い。何故これほどまでにリアリスティックな鬼なのだろうか。
 鬼の顔がどの子もほとんど皆同じ作りで、目がつり上がり、口が大きく裂けている。角と角の間には、毛糸のような繊維状のもので見事に鬼の髪の毛を模しているから相乗効果がある。当然、この髪の毛は書き加えたのではなく、繊維をくっつけて立体的にリアルにしたものだ。鬼の顔の大きさも園児の顔より遥かに大きく、21の鬼の顔はこちらを見つめて笑っているかのようである。
 この写真で惹きつけられるのは、どう考えても霊体の顔ではなく21の鬼のお面である。

【有名な心霊写真その2】
 もう一つの写真は、千葉市内で撮られたという小学校のプールのスナップ写真だ。

 この写真にははっきりと、「男」の霊体が写っている。笑顔で遊んでいる被写体の少年の、下部に浮かんだ、男の顔。
 確かに当時私は、この写真の霊体を見てひどく震えた。これほどはっきり霊体が写るものなのかと。霊体の頭部が完全に消えてしまっていてさらに心霊っぽい。
 中岡先生の説明によれば、いつ頃どうやって死んだ霊体なのか分からない、とある。中岡先生の調べでこのプールで心臓発作を起こして死んだ人がいたり、プールの場所で以前死者があったらしい。しかし霊体の主ははっきりしないとのこと。しかし、それにしても事故が多い小学校のプールだ。

 今この写真を冷静に眺めてみると、霊体というより、同じプールで遊んでいる少年といった感じで、そうとらえると怖さがまったく半減してしまう。
 波しぶきに反射した太陽光線が偶然少年の頭部を消してしまったかのように見える、いわゆるリフレクションの妙だと思うのだが、そうなると被写体の少年は、もう一人そこに、霊体でもなんでもない現実の別の少年が泳いでいたことを承知していたことになる…。私はこの写真の真相を知り得ていない――。

 こうした写真などで結局、幼少の私は怖いもの見たさを増幅させ、それなりに楽しむことができた。直接的な暴力その他を抜きにして、ある種の怖さを経験するのは、少年期の情操教育に必要なのではないだろうかとさえ思う。何事も世の中は怖いものなのだと。最終的には自分自身が怖くなるのだけれども。

*

 そう言えば、中岡先生の略歴がなかなか面白い。その本の帯に記された〔略歴〕を引用しておく。

《1926年に浪曲家の桃中軒雲右衛門の孫として東京の大塚に生まれる。馬賊を志して中国大陸に渡る。終戦後は北京放送局に勤務。以来25年にわたり超常現象の研究を続け、ESP関係の著書を続々と世に問う。日本超能力研究会を主催している》
(中岡俊哉編著『続 恐怖の心霊写真集』より引用)

 浪曲家の孫。馬賊を志して中国大陸に渡る――。馬賊を志してみたいとは、いかなる心境か。
 震え上がると言えば、私は幼い頃、中岡先生の肉声でも震え上がった。アナウンサーのような(事実北京のアナウンサーであった)流暢な日本語で、野太く、低音がよく響く。少し怖い感じのトーンなのである。あの低い口調で心霊現象を語り出した時、私は怖くて身が縮む思いがした。視覚より聴覚の怖さは、むしろ感覚的に身体に直接響く。だからより怖さの濃度が高い。

 中岡先生の声の裏側には、我々には見えない、過去に体験した真の恐ろしさが潜んでいるのではないだろうか。真夏に想う。ともあれ先生は、ある時代を通じて我々を震え上がらせてくれた。

コメント

過去30日間の人気の投稿

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

YELLOWSという裸体

人生ゲームと約束手形

高校で学んだ「清光館哀史」