スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

5月, 2018の投稿を表示しています

☞最新の投稿

私はデュシャンの「泉」を観た

先月23日――。JR上野駅の公園口を出ると、空はまったくの濃灰色に染まっていた。まもなくぽつぽつと雨が降り始め、私は足早に公園内を通り抜けた。そそくさとライカのカメラをバッグにしまい込みながら――。  向かうは東京国立博物館(東博)。東博の平成館にて催された、“東京国立博物館・フィラデルフィア美術館交流企画特別展”なる冠の『マルセル・デュシャンと日本美術』を観覧したのである。  率直に言って今回の目的を述べると、私はその特別展で、“便器”(urinal)が観たかったのである。皓々と光に照らされ恥ずかしげな面持ちの、urinalの姿。それを粛々と見届けたいという思い。デュシャンの、最も有名な“男性用小便器”が暗がりの中で浮かび上がっていた。
§
 念願の、urinalを観る目的は達せられた――。  1917年、デュシャンの「泉」(Fontain)。フィラデルフィア美術館所蔵、1950年のレプリカ。磁器製小便器。  そもそもデュシャンの作品を知ったきっかけは、20代の半ばである。彼が「フランス生まれ」であるとか、「20世紀現代美術の巨匠」であるとか、「抽象主義」であるとか、「チェスが得意」であるとか、そういった情報は頭の中にからきし無かったあの頃、偶然にして唯々その一点のみ、つまりそのurinalの写真を、ある本の中で目撃したのだった。  その本とは、宝島社の『図説 20世紀の性表現』(編・著は伴田良輔)である。しかしあくまで私は、その本で、1900年代の性表現クロニクルの位置づけとして、デュシャンの作品すなわちあの真っ白な磁器製のurinal=「泉」の写真を見たに過ぎなかったのだった。何故これが性表現に値するのか理解せず、むしろ通り一遍の解釈を用いようとすれば釈然としない写真でもあった。その時代のクロニクルとしては、モンパルナスのモデルのキキ(Alice Prin)の存在の方が、遙かに重要に思われた。  当時の私の頭の中では、こういうことが駆け巡っていた。何故このurinalが、デュシャンの「泉」という作品なのか。また本来、小便器として実際に設置して使用する場合の向きは、その有名な「泉」の写真を見れば分かるとおり、被写体urinalの正面中央に当たる排水口の部分が底部になければならず、それをわざわざこのような向き(横向き)にして作品とした意図とはいったい何なのか…

愛するカメラ遍歴―ライカのコンデジ

普段写真を撮るという実務レベルにおいて、RICOHからSONYのコンデジ(コンパクト・デジタルカメラ)に替え、ツァイスのレンズいいでしょ、と書いてみたのは、去年の春(当ブログ「愛するカメラとは何か」)のこと。それから1年――。何の不自由もなく、外歩きの散歩カメラとして、SONYのDSC-RX100M4(レンズはツァイスのバリオ・ゾナー)で満喫していたのであるが、今年の春、偶然手にしたある雑誌の記事より、アンリ・カルティエ=ブレッソンと多木浩二の写真作品を見てしまったのがきっかけとなって、ライカ――というキーワードが頭から離れなくなった。 §
 おやおや――。“ライカ熱”再発である。気がつけば、ウェブで手頃なライカのコンデジを探し求めだし、数十日間の“ライカ熱”に対抗する心理的格闘(〈ライカなんてやめてしまいなさい!〉と念仏を唱える解熱剤的効力)は見事に空振りに終わり、その無力な、朦朧とした数日後、気がつけば――もはや手元に一つの可愛らしいライカが、ちょこりと鎮座していたのであった。LEICA X2(レンズはLEICA ELMARIT 24mm F2.8)である。  このカメラの中古価格は、およそ市場に出回っているM3のボディと同じくらい。非常に親切な価格、で入手できたのではないか。OLYMPUS製のビュー・ファインダーで覗いて使ってみたら、あらま、こんな手に馴染むボディも珍しいなと思ったくらい、“初めて触った”感覚ではなかった。ひょっとして、もともと自分のカメラだったのではないか、と馬鹿げたことを思ったりしたほどである。
 そうしてよく晴れた日、テスト撮影をするため、自宅の庭に出てみた。もう何の手入れもしていない鬱蒼と雑草が茂った小さな原野。ぽつりぽつりとシャッターを切って、その場でフォーカスの具合だの、露出の調子だのを確認する。そして後でじっくり画像を確認してみたら、やっぱりライカのレンズ特有の“味わい”が滲み出ていた。  これなんだなあと思った。と同時に私は、あらためて自分は、写真とカメラが好きなんだなということを思った。ちょっと無茶して衝動買いしてしまえるのは、カメラ以外にないのだ。
 ――もう14年も前、京都の清水寺を訪れた際に修学旅行に来ていた“中学生3人”をスナップ(当ブログ「カフェと京都と散歩」)したけれど、あの頃は少し大振りなデジカメを持参して…

レトロスペクティヴ―私立探偵・濱マイク

もしこの映画を小学生の頃に観ていたとしたら、〈僕も私立探偵になりたいなー〉と本気で思ったに違いない。…な、わけねーだろ!と通りすがりの人にツッコミを入れていただきたいのであるが、林海象監督の1994年の作品、永瀬正敏主演の私立探偵・濱マイクシリーズ第2弾の映画『遙かな時代の階段を』(製作はフォーライフレコード、映像探偵社)をつい最近観た。何故最近この映画を観たのかについては、3月の当ブログ「永瀬正敏の私立探偵・濱マイクのこと」で書いたのでそれを読んでいただきたい。 §
 この映画『遙かな時代の階段を』について語るのは、やはり短めの言葉の羅列で充分であろう、と思うのである。私自身、東京で言えば新宿のベルク(BERG)、新橋のカフェテラス・ポンヌフの懐かしげなナポリタンとプディングに“憧れ”を抱くのだけれど、それと似たような感覚で、(この映画のロケ地である)横浜の映画館「横浜日劇」にかつて“憧れ”を抱いた人は、少なくないのではないか。この場合の“憧れ”とは、かなり強烈な回顧臭を漂わせた、古びた風景への《郷愁》を指す。だからその思いのなんたるかを言葉で表すには、長い説明は無用なのである。
 主人公の私立探偵・濱マイクを演じているのは、言わずもがな、永瀬正敏。横浜・黄金町のレトロな映画館「横浜日劇」の2階に探偵事務所を構え、萎凋する街の住民からの、しがない請負仕事で細々営んでいるチンピラ探偵である。彼はアメ車(AMC製のナッシュ・メトロポリタン!)を乗り回す。街には彼の仲間達がいるが、白タク運転手の星野くん(南原清隆)は濱マイクの右腕的存在だ。刑事役の麿赤兒、濱マイクの師匠役の♠宍戸錠、「横浜日劇」のもぎり嬢を演じる千石規子が好演。  この街に、昔自分と妹の茜を捨てて出て行ってしまった母親・リリー(鰐淵晴子)が突然戻ってきたことで物事がざわめき始め、暴力団組織・黒狗会のきな臭い暗躍に巻き込まれていくというのが筋。そして川の利権を支配する恐ろしい男=“白い男”(岡田英次)と濱マイクとの強烈なる対峙シーンが、この映画のハイライトとなっている。映画の後半、“白い男”アジトに向かうシーンは実にノスタルジックで幻想的だ。戦後のヤミ市とスラム街の陰影がフィルムアートと相まって折り重なる。  映画『遙かな時代の階段を』は、ハイテンポなアクションシーンの連続、音楽の演出もまた素晴らし…

人間と人間以外のもの―『蓮沼執太: ~ ing』

東京・銀座の資生堂ギャラリーにて、先週、蓮沼執太の展覧会(インスタレーション)『蓮沼執太: ~ ing』を体感してきた。私が資生堂ギャラリーに訪れたのは約2年ぶりで、前回は『Frida is 石内都展』(当ブログ「石内都―Infinity∞」参照)、と言いたいところなのだけれど、その時は資生堂ビルの前まで来て突発の所要のために引き返したため、中へ入った前回は――厳密に言うと、トノ・スタノ(Tono Stano)の写真を鑑賞するために訪れた8年前の『暗がりのあかり チェコ写真の現在展』(当ブログ「暗がりのあかり チェコ写真の現在展」参照)になる。その直後に私は、ほんの僅か、この資生堂ギャラリーと福原信三についても書いている(当ブログ「資生堂ギャラリーのこと」参照)。
§
 蓮沼執太という人に対して、私自身、思い入れがここ数年濃密になってきている。敬愛する“若き音楽家”というリスペクトの範疇を飛び越え、彼のその多彩な活動は《芸術》という総体にまで及んでいることから、“1983年生まれ”の一回り下の年代、という意識がありながらも、崇拝する雲の上の人、なのである。しかも、同じ《今日》という時間に生き、地球のどこかで確実に寝起きし、様々な心境のうちに魂を揺さぶりつつ、《芸術》という総体に身を置いて活動し、Prophetたらんと日々、精進してさながら時を刻んでいる。そう、同じ世界を見わたしているのだ。
 同じ世界に生きながら、これはもちろんのこと、人それぞれ見方や感じ方が違う。世の中に対してあどけない冷然とした態度をとる人もいれば、がっつりと正面から熱く、社会と政治に対峙する人もいる。蓮沼執太という人にとっては、その感性を、《芸術》の総体の一角の「音と音楽」のカテゴリーに収斂していくことが、最も得意なのであろう。

 一方の私――という自己にとってもそれはまったく同様である。まことに恐縮ながら、銀座の資生堂ギャラリーという環境を伝って、リスペクトする蓮沼執太の創作の、ある一つの言わば《音の出るオブジェ》の装置に実際に足を踏み入れ、小さくひ弱な音を発して、それを自身の耳で聴き入れることができた悦びは、作者と演者によるバーチャルなジャム・セッションを完遂した充足感に近い。ここでは単に現代アートを眺めて鑑賞するのではなく、創作者による《触覚的な楽器》を借用し、それを用いて(そこに…