投稿

5月, 2019の投稿を表示しています

☞最新の投稿

寺山修司が語る音楽とエロス

イメージ
【1983年刊、サントリー音楽叢書③『エロス in Music』】  個人的にここしばらく文学や演劇に関しては、寺山修司に着目し、その周縁の人々や作品に没頭していたいと思った。ごく最近知り得たのは、寺山修司がエロス(肉欲から通ずる愛。性愛)について述べた言説である。寺山と民族音楽の造詣が深い小泉文夫とが、“対談”という形式で、音楽に係るエロスについてのディスカッションを編纂した、ある書籍の企画があった。1983年刊のサントリー音楽叢書③『エロス in Music』(サントリー音楽財団・TBSブリタニカ)である。  はじめにざっくりと、この本のシリーズ――サントリー音楽叢書――について解説しておく。1982年1月に、最初のサントリー音楽叢書①『オペラ 新しい舞台空間の創造』が刊行された。この本の主なトピックスとしては、ドナルド・キーン、山田洋次、大木正興らによる鼎談「オペラへの招待」や、坂東玉三郎と畑中良輔による対談「オペラVS.歌舞伎」など。同年7月には、第2弾となるサントリー音楽叢書②『1919~1938 音楽沸騰』が出る。2つの世界大戦に挟まれた時代の現代音楽をテーマとし、武満徹、諸井誠、山口昌男らによる鼎談「もうひとつの音楽を求めて」、柴田南雄と高階秀爾の対談「現代への投影」といった内容が盛り込まれている。  ところで詳しい経緯は分からないが、いくら調べてみても、1983年刊のサントリー音楽叢書③以降のシリーズは、見当たらないのである。どうもこのシリーズは、わずか2年の間のたった3冊の出版で打ち切りとなったようだ。  この事情を当て推量するならば、3冊目の『エロス in Music』の内容が、当時にしてはあまりにも、強烈かつ斬新すぎたのではないか――。しかし、その内容が決して的外れなものではなく、かなりエロスの本質に踏み込んだ、音楽との係わり合いについて多様な論客を結集した内容であったことは、言うまでもない。ちなみにこの本の表紙の画は、池田満寿夫氏の作品である。本中にも池田満寿夫と佐藤陽子の二人が、「音楽・絵画・エロス」と題し、随筆を寄稿している。 【本の巻頭を飾る対談「エロス in Music」の寺山修司】 ➽寺山修司とは何者か  では、サントリー音楽叢書③『エロス in Music』における寺山修司と小泉文夫の対談――“音楽の中のエロス”――に話を絞ろう。

寺山修司の『青年よ大尻を抱け』〈一〉

イメージ
【Nittakuの卓球ボール。公認球】 《いまの男の子たちって、ピンポン・ジェネレーションね》  ピンポンって、 《タマが小さいでしょう》 。  寺山修司著『書を捨てよ、町へ出よう』(角川文庫)の「青年よ大尻を抱け」の冒頭は、いきなり、タマの話である。“ピンポン・ジェネレーション”と言って女性が大口を叩き、今どきの男子は「タマが小さい」と揶揄する心理的苛烈な内容である。『書を捨てよ、町へ出よう』については、当ブログ 「寺山修司―三分三十秒の賭博とアスファルト・ジャングル」 でも触れている。昭和42年(1967年)、初版は芳賀書店である。  ピンポンって、 《タマが小さいでしょう》 ――。ここでのピンポン(Ping pong)とは、言うまでもなく、卓球(Table tennis)のことである。気づいたら辞書を手に持って開いていたので、卓球について引用しておく。 《室内競技の一つ。中央に網を張った卓上で、セルロイド製の小球を互いに打ち合う。ピンポン》 (『岩波国語辞典』第七版より引用)  そういえばちょっと昔、『ピンポン』なんていう窪塚洋介が主演した映画があった。曽利文彦監督の映画で、原作は松本大洋。ペコを演じる窪塚のセリフ「I Can Fly!!」が耳にこびりついている。5年くらい前には、原作マンガがアニメ化されたこともあった(ちなみにその時の音楽は、牛尾憲輔)。映画ではそのピンポン球をCGで描いた――云々の裏話を知っているが、さて、ピンポン球とは具体的にどれくらいの大きさなのであろうか。 § 【寺山修司著『書を捨てよ、町へ出よう』より「青年よ大尻を抱け」】  「青年よ大尻を抱け」は、ピンポンよりも、野球のタマの方が(大きいから)いい、という女の子のからかい話から始まって、野球のタマより蹴球(サッカー)がいい、蹴球よりも…この世で一番大きいタマは? となって、それは地球だ――とオチがつく。女性が感じる「男性の性的魅力」の問題がここまで大きくなれば、手に負えないではないか――という序盤の話題の軽い小噺になっている。  寺山は冒頭で述べているのだ。ピンポンのタマは、ボクたちの同時代の誰の睾丸よりも大きいと。女性は“小さなタマ”としての象徴であるピンポン球を引き合いに出して、頼りない今の(その当時の)若者男

お茶とサブ・カルチャーのアーティクル〈八〉

イメージ
【mas氏のウェブサイトの上高地旅行記】   前回 はmas氏のライカと新宿の話。当ブログ 「お茶とサブ・カルチャーのアーティクル」 のシリーズは数えると今回で8回目である。これは私自身の、カメラと写真を軸とした“素行”を紐解く重要な鍵としての(「茶」の精神と絡めたりして)、過去に読み耽ったウェブサイトにまつわる“回想録抄記”となっている。  いま私は、自主制作映画というスタンスで、“ちっちゃな映画”(タイトルは 『アヒルの狂想曲』 )を本気で創り始めているのだけれど、その“ちっちゃな映画”的なものをかつて創ろうとしていたのが、サブカルで私淑するmas氏だったのだ。私は彼の影響を(ウェブとサブカルの側面で)多大に受けている。mas氏は90年代末頃、アメリカの写真家デュアン・マイケルズ(ドウェイン・マイケルズ、Duane Michals)に感化され、自身のカメラで撮影した散歩写真を掻き集め、一つのフォト・ストーリー作品を創ろうとしていたのだった。タイトルは、「My Last Pictures」であった。  いま、“ちっちゃな映画”を創り始めた矢先、私はmas氏のウェブサイトをあらためて思い出す。そこにはサブカルへの深い愛着があった。彼は2000年代初め、自身のホームページ上のアーティクルにその映画創りの話を持ち込んで、読み人であった私にある種の熱量を注ぎ込んだのである。カメラとレンズと、そのアクセサリーを満遍なく揃えること。たっぷりと落ち着いた風情で世界を見わたし、その風景に己の足で大きく踏み出すこと。人生の最大の《余興》であり得るのが、映画ではないかということ――。 §  とても残念なことに、「My Last Pictures」のフォト・ストーリーのテクストも、そのウェブサイト自体も、今は現存していない(ただし、テクストは私個人がアーカイヴしてある)。それでも今年、彼の別のサイト[ msbcsnb ]( http://www.geocities.ws/msbcsnb/index-2.html )がWWWのサーバー上に残っているのを発見して、今のところそれは、誰でも見ることができるようになっている(いずれ消えてしまう可能性がある)。更新は10年以上前を最後に途絶えてしまっているが、mas氏がそこに残した、旅行記や家族を写した写真

樋口可南子と篠山紀信

イメージ
【篠山紀信撮影、樋口可南子の写真集『water fruit』】  お櫃でかき混ぜたご飯を召し上がるその瞬間に、ふわりと漂うヒノキの香りが鼻孔の奥を通り過ぎて、不思議なくらいに《野趣》に富む贅沢な気持ちを味わった。女優・樋口可南子の写真集『water fruit』を眺めていると、そういう体験を想起させてくれる。若い頃では絶対にそんなことを感じ得なかったであろう性愛への惑溺した趣が、今はとても心地良い風となってある種のユートピアの在処をひけらかすのであった。  先月の16日、朝日新聞朝刊のコラムで、写真家・篠山紀信氏の『water fruit』にまつわる回想録が掲載された。私はそれを読んだ。「猫もしゃくしも『ヘア』 今も嫌」――。  振り返れば1991年、篠山紀信が樋口可南子をモチーフにして撮影した写真集『water fruit 篠山紀信+樋口可南子 accidents 1』が発売された時、“ヘアヌード写真集”が出たということで大変話題になったのを思い出す。当時32歳だった樋口可南子が、篠山氏のカメラの前で“脱いだ”という話題性よりももっと猥雑で露骨な剣幕として、彼女がヘア(pubic hair)までもさらけ出したという、女優としての度胸の意外性に大衆が刮目し、そのことに皆、惚れ惚れとしたのである。  ただし私はまだその頃、19歳であったから、世間の風俗の喧噪に疎く、そこに近づいて興味を持とうという気にはならなかった。あれから28年の歳月を経て、いま私の手元には『water fruit』がある。あの喧噪はいったい何であったのか、『water fruit』とは何ぞや――という長年心に覆われていた靄をいま、取り払ってみたくなったのである。  ちなみに、私が所有しているのは、“1991年3月15日第3刷”で、当時、帯に記され一般に浸透していたタイトルらしき“不測の事態”の文字は、この本の中の刊行データには記されていない。だからここでは、“不測の事態”という言葉を敢えて扱わないことにする。 § 【咲き乱れる花を背にした女の憂いとは?】  作者と表現者の思いとは裏腹に、この写真集は徹頭徹尾、“ヘアヌード写真集”と流布されて知れ渡った。“ヘアヌード”とは造語であり、「陰毛が映っているヌード」という意である。  日本では戦後

三代目「二才の醸」の味わい

イメージ
【青木酒造から蔵出しされた三代目「二才の醸」】  ここぞとばかりに日本酒を味わう――。20代の若者だけで造ったという珍しい酒がある。人肌恋しくなる甘さのベースが口に広がると共に、若々しい果実の、その鮮麗とした味と香りが、口腔から喉の底へと落ちていく、絶妙な感覚――。  我が地元、茨城県古河市の蔵元である 青木酒造 の酒「二才の醸」(にさいのかもし)。この春売り出したばかりの純米吟醸である。まさに青春の瑞々しさを象徴し、己の心に若き新風が入り込むという情趣。日本酒の深々とした伝統の巧を想う。目を瞑ってこの酒に酔いしれていると、青年期の仄かな記憶が甦ってくる。まさに「二才の醸」の名にふさわしい悦楽の酒である。平成の最後の夜に呑み、明けて令和となった日の夜もまた、この「二才の醸」の若き香りと味に、私はすっかり感慨に浸り、心酔してしまったのである。 §  この酒は、新聞に掲載されていたのだった。4月8日付の朝日新聞朝刊(茨城版)。「3代目『二才の醸』 若者の情熱 結晶」という見出し。「青木酒造(古河)専務や学生らお披露目」という小見出しも付け加えられていた。  古河市の蔵元・ 青木酒造 は天保2年創業である。一昨年の10月、当ブログ 「夜の夢の銘酒―御慶事」 で同蔵元の特別本醸造酒「御慶事」について書いた。「御慶事」の特別本醸造は甘口の類ではないが、私はこの酒のひっそりと隠れた淡い甘さが好きである(酒米「日本晴」、精米歩合60%、日本酒度+5、酸度1.3)。青木酒造の大本命、「御慶事」は、甘口から辛口まで(純米、特別純米、純米吟醸、純米大吟醸、醸造アルコールを加えた特別本醸造、大吟醸など)バリエーションがあるので、この一つの銘柄においても様々な味の広がりが愉しめるのだ。  話を「二才の醸」に戻す。新聞の写真は、その完成した「二才の醸」のほか、一升瓶を抱えて中央に位置した専務の青木知佐さん。傍らの若者達は、この「二才の醸」の酒造りにかかわったという筑波大の学生さん達だ。  記事を要約する。2014年に初代の「二才の醸」が、埼玉県幸手市の蔵元、石井酒造で誕生した。この銘柄は20代の若者だけで造る。蔵元が30代になったので、昨年の春、新潟市の宝山酒造に引き継がれた。さらに今年、三代目「二才の醸」が 青木酒造 に引き継がれたということであ