☞最新の投稿

プディング妄想そしてプリン三昧

イメージ
芸能人の不倫ほど、食えないものはない。見苦しく、おぞましく、その非難の惨状を取り繕うのに必死な当事者は、家庭人としての体裁と社会への扉があっけなく閉じられようとする瞬間に、己の貧相と終始向き合わざるを得なくなる。  そうした人間の醜さゆえに不倫という。またそれが、仰々しくも侘びの沙汰――出会ってしまったが為の逃れられぬ恋慕――の身の上に生じた不倫であれば、どこか文学的で暗がりの野良猫の徘徊にも似た悲哀が感じられ、人間は所詮善人ではなく、そうした愚かな過誤を一生のうちにふと一度か二度、犯しかねないものである――という諸説入り乱れる含蓄と啓蒙に富んだ、近世の西洋人の警句のたぐいを思い返したりして、例えばまた、そういう調子の映画(堀川弘通監督の映画『黒い画集 あるサラリーマンの証言』)を観たりして、人生の破滅的な断罪やら教訓を反面教師的に心に打ち付けることができるのだけれど、その不倫の現場が――とあるビルディングの地下駐車場の“多目的トイレ”となると――あまりに異様な、とても文学的と称するわけにはいかなくなるのである。
 ここでいう文学とは、純文学のことである。つまり、“多目的”=multi-purposeの意味を履き違えた異形の不倫というよりは、単にお互いが、“もよおして遊ぶ”キュートなフェティシズムの乱遊に興じていたに過ぎなかったのではなかったか。この性癖には、近世のインテリジェンスな西洋人も、言葉を失って頭を抱えてしまうであろう。
 不倫。あちらこちらの小学生がついつい、学校でこんな不謹慎な話題を持ち出しかねなかった。「あのさ、多目的トイレでフリンって、結局、トイレで何すんの?」――。彼らは思春期の余りある好奇心をたえずくすぐられている。性欲の快楽に関する疑問に、半ば騒然とする心持ちを抑えつつも、おもむろに図書室へ行って、厳かに古びた国語辞書を手に取るに違いないのであった。また知性ある女子は、そんな男子の興味本位な話題にはつゆほども関心を示さないふりをしつつ、家に帰ってから、その漠然としたモヤモヤ感を払拭しなければならなかった。その最適な所作として、自身の勉強机の隅に置かれた国語辞書(誕生日に買ってもらったりしたことを思い出しつつ)を、開くであろう。――フリン。そこにははっきりとこう記されているのだ。 《既婚者が、別の相手と性的関係を結ぶこと。【類】密通・姦通・…

お茶とサブ・カルチャーのアーティクル〈八〉

【mas氏のウェブサイトの上高地旅行記】
 前回はmas氏のライカと新宿の話。当ブログ「お茶とサブ・カルチャーのアーティクル」のシリーズは数えると今回で8回目である。これは私自身の、カメラと写真を軸とした“素行”を紐解く重要な鍵としての(「茶」の精神と絡めたりして)、過去に読み耽ったウェブサイトにまつわる“回想録抄記”となっている。
 いま私は、自主制作映画というスタンスで、“ちっちゃな映画”(タイトルは『アヒルの狂想曲』)を本気で創り始めているのだけれど、その“ちっちゃな映画”的なものをかつて創ろうとしていたのが、サブカルで私淑するmas氏だったのだ。私は彼の影響を(ウェブとサブカルの側面で)多大に受けている。mas氏は90年代末頃、アメリカの写真家デュアン・マイケルズ(ドウェイン・マイケルズ、Duane Michals)に感化され、自身のカメラで撮影した散歩写真を掻き集め、一つのフォト・ストーリー作品を創ろうとしていたのだった。タイトルは、「My Last Pictures」であった。

 いま、“ちっちゃな映画”を創り始めた矢先、私はmas氏のウェブサイトをあらためて思い出す。そこにはサブカルへの深い愛着があった。彼は2000年代初め、自身のホームページ上のアーティクルにその映画創りの話を持ち込んで、読み人であった私にある種の熱量を注ぎ込んだのである。カメラとレンズと、そのアクセサリーを満遍なく揃えること。たっぷりと落ち着いた風情で世界を見わたし、その風景に己の足で大きく踏み出すこと。人生の最大の《余興》であり得るのが、映画ではないかということ――。

§

 とても残念なことに、「My Last Pictures」のフォト・ストーリーのテクストも、そのウェブサイト自体も、今は現存していない(ただし、テクストは私個人がアーカイヴしてある)。それでも今年、彼の別のサイト[msbcsnb](http://www.geocities.ws/msbcsnb/index-2.html)がWWWのサーバー上に残っているのを発見して、今のところそれは、誰でも見ることができるようになっている(いずれ消えてしまう可能性がある)。更新は10年以上前を最後に途絶えてしまっているが、mas氏がそこに残した、旅行記や家族を写した写真、花などのフォト・ギャラリーとなっており、2000年代に作成したウェブサイトの一端を垣間見ることができる。私にとって此処は、サブカルにのめり込むための心理上の《揺りかご》のような場所なのである。

 彼が2001年の9月19日から21日までの3日間、長野県の上高地でハイキングを満喫した旅行記が残っていた。これなどは実に映画的な、映画のシナリオの原案に思えてくるのだ。
《早速、湖畔に下りる。焼岳が大正池に写る。波がほとんどないので、鏡のよう。鴨がすごく人懐っこい。オシドリのメスがいる。すごく可愛い。オシドリ夫婦のオシドリなのにオスはいない。写真を撮っている人がたくさんいる。観光地に来たのは、とても久しぶりだったので、他の人が使っている光学機器を楽しく観察する。上高地においては、おおよそ、一眼レフ、コンパクトカメラ、ビデオカメラ、双眼鏡、使い捨てカメラという順番で持っている人が多い。一眼レフは、ほぼ100%、キャノン、ペンタックス、ミノルタあたりのAFカメラ。MFの人は、旅行中、一人も見なかった。ましてや、RF機など一人もいなかった。私は、もちろん、ニコノスV一台である》
(ウェブ[msbcsnb]「上高地 2001年9月19・20・21日」より引用)

 ニコノスVは、1984年にニコンが発売した水陸両用の35mmフィルム用カメラである。陸でも使えるが、水深50mの防水機能がある。そのため、ボディがいかめしい。そのいかめしいカメラを持参して、ハイキングに出掛けた彼の姿を想像すると、どこか21世紀的ではない昔の風情に富んで面白い。ちなみに2001年というと、まだまだデジカメの性能は追いつかず、35mmフィルムの銀塩カメラが主流であった。一眼レフもコンパクトカメラも35mmフィルム仕様である。彼がニコノスVを使って撮った写真はどれも美しく、大正池の水面に焼岳(やけだけ)やぽっくりとした雲などが写り込んだ写真は、mas氏に内在する「茶」の精神性を表しているかのようで、《幽玄》の趣がある。

【上高地の旅行記。帝国ホテル、大正池の写真も】
《帝国ホテルは、田代橋の近くにある。昭和8年建築のなかなか素敵なホテルだが、フランク・ロイド・ライトの設計ではないと思う。高度成長期に屋根がぺらぺらスチールに替えられてしまい、ちょっといけてない感じになってしまったのが残念であるが、雰囲気は悪くない。ロビーは結構小さく、山荘的な雰囲気ではあるが、ドアマンから始まって、従業員の立ち振る舞いは、一流ホテルのそれである。休憩をしにティールームに入る。ここの床は、なかなか素敵なデザインだった。やまぶんど(山葡萄の現地語か?)のジュース、および、モンブラン+紅茶を頼む。こんなに美味しいモンブランを食べたのは初めて》
(ウェブ[msbcsnb]「上高地 2001年9月19・20・21日」より引用)

 上高地の帝国ホテルの設計は、建築家の高橋貞太郎である。確かにフランク・ロイド・ライト(Frank Lloyd Wright)ではない。高橋氏はこのホテルの設計に携わった後、昭和29年開業となる帝国ホテル第一新館の設計に従事。また、昭和33年の第二新館、昭和45年開業の新本館の設計にも携わっている。ライトが設計した帝国ホテル(東京都千代田区内幸町)のライト館(1923年竣工)というのは、その見た目、どうも個人的にはパリのトロカデロ庭園のシャイヨ宮(Palais de Chaillot)を思わせ、それをもっとコンパクトにいかつくした感があるのだが、上高地の方の建物は、自然美に溶け込んで実に風光明媚である。

《二日目、朝目覚めると、一面真っ白、しかし、上空は青い空であることがわかる。上高地全体が霧の中に入っていることに気づく。ちょうど山に直射日光は当たるが池にはまだ当たっていないとき、霧が池の上にかぶさったような感じになり、とても神秘的。上高地全体に直射日光が当たるにつれ、霧は消えて、最終的には、とてもクリアな空気になる。今日も雲ひとつない快晴である》
(ウェブ[msbcsnb]「上高地 2001年9月19・20・21日」より引用)

 こうしたmas氏の外連味のない文章を何度も読み返しているうちに、こちらも旅に行った気分となり、その写真から漂ってくる独特の空気感に晒され、私はある種の落ち着きを取り戻すのであった。とても心地良い気分のままでいる――のはいいが、それが反動となってカメラ機材に手が伸び、mas氏のウェブを眺める度にカメラ機材がいくつか増える、ということにもなった。そういう体験を、2000年代初めに存分に味わっていたのを思い出す。
 彼はウェブという人工の世界に存在した稀有な、カメラと写真を愛する旅人であった。私はその姿を知らない。何故なら、彼が撮る写真には一切、自己の《影》を登場させたりはしなかったからだ。今のネット上のSNSの、“ジドリ”謳歌の世界観とはまったく一線を画していて、それは彼の精神性の根拠ともなっていた。
 私は彼の多様な写真とアーティクルから、第三の旅を想起し、創作の源を蓄えていった。その痕跡をたどることは、とてもprincipalな宿題なのである。

 〈九〉に続く。

コメント

過去30日間の人気の投稿

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

YELLOWSという裸体

人生ゲームと約束手形

高校で学んだ「清光館哀史」

拝啓心霊写真様