投稿

6月, 2019の投稿を表示しています

☞最新の投稿

アイリッシュ・ウイスキーとジョイスの話

イメージ
【世界最古の蒸留所が誇るアイリッシュ・ウイスキー「キルベガン」】  朝日新聞が毎月第1日曜日に発行する特別紙面[朝日新聞グローブ](GLOBE)のNo.245は、興味深いウイスキー特集だった。その紙面のトップページにあった写真に、思わず私は眼を奪われたのだ。それは、ウイスキー・グラスに注がれた琥珀色の液体が、揚々たる深い海と化し、そこに突き出た南極大陸の氷山を思わせる氷の塊の、なんとも美しい風景――。  この世に存在する桃源郷とは、そのようなものなのだろうか。写真の下に、それとなく村上春樹氏の言葉が添えられていた。 《あらゆる酒の中ではウィスキーのオン・ザ・ロックが視覚的にいちばん美しい》 (『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド(上)』新潮文庫)。  私はしたたかにこのウイスキー特集を読んでから、ジェイムズ・ジョイス(James Joyce)の本を開いた。ウイスキーのオン・ザ・ロックがこの世で最も美しい酒の姿であるとするならば、ジョイスの小説は、男にとっても女にとっても、破廉恥で最も穢らわしい毛皮をはいだ自己の内面の姿を、目の前の鏡の中に見出す瞬間を与えてくれるものであり、その傍らに寄り添うウイスキーは、みすぼらしい本当の《私自身》と“親しい友”でいてくれる、最良の飲み物なのである。  ゆえに私は、心からウイスキーを愛している。 【[朝日新聞グローブ]No.245「ウイスキーの時間」】 ➤GLOBEの「ウイスキーの時間」  特別紙面のウイスキー特集のメインテーマは、「ウイスキーの時間」。コロナ禍で「家飲み」が増えたという。どの国においても、家族や友人知人と共にバーやレストランなどで酒を飲み交わす機会が減ったというわけだ。そんなご時世でも尚、ウイスキーは世界的なブームだそうである。むしろビールやワインとは違い、ウイスキーはもともと孤独を愛する人々が嗜む酒の代名詞であったから、「家飲み」の需要が底上げしたのかも知れない。  とは言いつつも、ウイスキーは近頃、ハイボールという飲み方でもたいへん愛されてきているから、女性が好んで“軽くウイスキーを飲む”という機会が増えているせいなのだろう。  紙面全体の内容を大雑把に要約すれば、スコッチの生まれ故郷以外の国でも――勿論日本も含まれる――新しいウイスキーが次々と誕生しているという。  ここでいう新しいウイスキーとは、伝

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

イメージ
【当時は衝撃的だった“YELLOWS”の男性版】  写真家・五味彬氏の90年代の集大成であるヌード写真集=“YELLOWS”シリーズを何度か過去に取り上げてきた当ブログにおいて、その“YELLOWS”のなんたるかを断続的に振り返っていこうという試みが、2016年9月の 「写真集『nude of J.』」 を境にぱったりと途絶えてしまっていたことを深く反省する。もっとこれに食い付いて継続的に追い込むべきであった。  当ブログにおける始まりは、2012年8月の 「YELLOWSという裸体」 である。今回取り上げるのは、そのシリーズのうちの一つ『Yellows MEN Tokyo 1995』(風雅書房)で、これは、男性モデル26人の全裸を真っ向からとらえたメイル・ヌード写真集である。  実を言うとこの本については、個人的に2017年の春頃に取り上げるつもりで用意していた。実際、本をスチル撮りしたこれらの画像は、その頃撮られたものだ。ところが、まったく別の事由が重なってしまい、取り上げることを忘れて、この本のこともすっかり失念してしまっていた。尚、“YELLOWS”シリーズに関する考察も不完全なままであった。なので、ようやく今、再び狼煙を上げる。90年代に大流行したあの“YELLOWS”シリーズの気炎を。こうして今、邂逅の機会を得た次第である。  本は、私の手元にある。手に取ったのは、およそ3年ぶりである。これを最初に見開いたのは、もう20年近く前のことだ。あらためてこの本を開いてみると、とても懐かしい気がする。私にとっては、少し大袈裟になるが、90年代のlegacyである。五味彬氏の“YELLOWS”シリーズの中で、最も入手が難しい稀少本と称されている『Yellows MEN Tokyo 1995』について、私なりの意趣で紐解いていきたい。 §  1995年に出版された五味氏のヌード写真集『Yellows MEN Tokyo 1995』のシューティング・データをつまみ取る。撮影スタジオは都内のバナナプランテーション(現・権之助坂スタジオ)。撮影日は1994年3月23日~25日。カメラはMamiya 645。  Mamiya 645は中判の一眼レフカメラで、おそらく使用したフィルムは、コダック(日本ではブローニーフィルムと呼んでい

寺山修司の『青年よ大尻を抱け』〈二〉

イメージ
【前回に続いて寺山修司の「青年よ大尻を抱け」】   前回 からの続き。寺山修司著『書を捨てよ、町へ出よう』(角川文庫)「青年よ大尻を抱け」。  女性が感じるところの、「男性の性的魅力」に関する手痛い理屈は、単に、〈もっと大きなタマの持ち主になって♡〉、あるいは〈タマの大きな人が好きよ♡〉、という世の男性に対する逆説的なエールでは済まされないのであった。ちなみに、現物のタマの大きさ――については 前回 書いた――であるとか、ずばり男根の大きさの違いで「女性をセックスで喜ばす」度合いが違うのであろうか、というと、それについての医学的(性科学的)根拠はほとんどないに等しい。何故なら、性感帯で見ていくと、子宮膣部というのは他の性器周辺の部位に比べ、最も「鈍感な」部分だからだ。膣は伸縮自在であり、大きくとも小さくとも、いや、ちっちゃなペニスでも充分に締め付けてくれるものなのだということを、昔、セックスについて詳しい医学博士・ 奈良林祥 氏の本で読んだことがある。  時に男性は――これは特に若い頃の経験として――来たるべき喫緊のセックス・ランディングに向けての前哨計画、すなわち、完全なる自身の私的空間と時間とをこしらえておき、必死に己の男根をまさぐり、それをほんの数ミリでもいいから「肥大化させよう」キャンペーンを企てることがある。これは一般的に、時折欲望に駆られた男が起こす衝動であるから、世の女性の方々は、愚かしいと思わず大目にみていただきたい。「肥大化させよう」キャンペーンは男の衝動として、自己の肉体に掲げた壮大なる密旨となり得るが、それは勝手な解釈(これを正真正銘、妄想という)であって、大抵は失敗に終わるものである。  〈大きな男根は、カノジョが喜ぶのだ。いやきっとそうに違いない。是非とも大きくなったのを見せびらかしたい〉と、男はふいにくだらないことを考える。思いついたこの手の妄想あるいは一大決心というべきものは、そこから中座して自制することが甚だ難しい。気がつけば、あらゆる器具(例えばポンプとか)や薬を買い込んで、ついその「肥大化させよう」キャンペーンを断行してしまうものなのである。セックスの相手にとっては、ありがた迷惑な話であり、この計画キャンペーンが別段何の意味も持たないことを、セックスの場において双方が、顔にも出さずゆるやかに認知されるの