☞最新の投稿

写真小説『サーカスの少年』のこと

イメージ
中学を卒業してからの高校の3年間は、あっという間に過ぎようとしていた。かろうじてその時、まだ17歳だった。私と友人は、あと数ヶ月で卒業という只中に、こんな会話をしたのである。「俺たちって、もうすぐ18歳になるけど、18歳ってさ、もうオッサンだよな」――。
 部屋の中で一瞬、会話が途切れたのを憶えている。17歳と18歳はやはり根本から違うのだということを、友人は溜息を漏らしながら暗い口調でリアルに告げるのだった。  17歳までは子供として扱ってくれる…。が、さすがに18歳ともなると、既にボクたちは、心も体もすり切れて《少年》ではなくなる。虚栄心が強かった《少年》としての今までとは違い、18歳の“オッサン”になるとは、いったいどういうことなのだろうか。  それは漠然とした不安であった。そうした最後の高校生活をやり過ごそうとしていた頃、ミュージシャンで作詞家の松本隆氏がストーリーを創作した、写真小説『サーカスの少年』刊行の“噂”を、どこからともなく耳にしたのだった。やがて、私と友人は、同じ時期に誕生日を迎え、実体としてとうとう18歳という“オッサン”になっていった。そうなると自ら観念し、その事実に屈伏せざるを得なかったのである。
§
 まさに私が、《少年》と訣別を果たした直前の、1990年春。リアリスティックに刊行された『サーカスの少年』(東京書籍)という写真小説の“噂”は、おそらくラジオかなにかで知り得た、些細な話題の一片だったのだろう。  『サーカスの少年』――。モデルから転身し、写真家デビューを果たした安珠氏の純真なるフォトグラフが濃密に収録された写真小説本。松本隆氏が綴った軽いタッチの小説の内容は、そうした風の“噂”で耳にしていたのかも知れなかった。
 ――都会の沿線のとある町。両親を交通事故で失い、ひとりぼっちになった少女“そよぎ”が、学校にも行かず、この町にひっそりと暮らしている。電車の操車場に面した家には、父親がかつて集めていた骨董の古時計があちらこちらにちらばってある。
 ある日、湯船に浸かっていた“そよぎ”は、線路の上の電線が見える天窓から、浴室にいる自分の顔を覗き込む不思議な“少年”と出会う。“少年”は、この町にやって来たサーカス団の一員で、綱渡りの芸の練習のために電線の上を歩いていたのだ。駅の近くの空き地には、サーカス団の巨大なテントが張られ、…

Yellows MENのCD-ROMのこと〈一〉

【五味彬の写真集“Yellows MEN”のCD-ROM】
 先月書いた「五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』」の続き。90年代に日本で“ヘアヌード”写真集が解禁され、以後、出版業界から“ヘアヌード”写真集がわんさかと発売され、一大ブームとなったが、その火付け役となった画期的な写真集――それが、写真家・五味彬氏の“YELLOWS”シリーズであった。当時は業界を席巻し、“イエローズ”という言葉は広く口コミで伝わった。
 1995年に風雅書房から出版された『Yellows MEN Tokyo 1995』は、シリーズのうち唯一無二となる“男性ヘアヌード”写真集であり、計26人の全裸を標本化した秀逸作である。先月の稿に一つ書き忘れていたことがあったので、今回はそれを書き足すことにした。すなわちそれは、この“Yellows MEN”の、Mac用CD-ROMについてである。

§

 そんなものがあったのか――と、私もしばらく忘れかけていた。そもそも五味氏の“YELLOWS”シリーズの先発となる1993年の『Yellows 2.0 Tokyo 1993』(当ブログ「YELLOWSという裸体」参照)は、CD-ROM写真集としてプロダクトされていたのだ。ともかく私はそれを思い出し、“Yellows MEN”のCD-ROMを市場で探してみることにした。
 ところがごく最近、本当にまったくと言っていいほどの奇跡が起こり、私はそれを楽に入手することができたのだった。透明のスリムケースに収まった8インチ・ディスク――。1994年、DIGITALOGUEから販売されたMac用CD-ROM“Yellows MEN”。定価は6,800円であるが、むろんのこと、私は今回その値段で入手したわけではない。なかなか市場には出回っていない、レアな、お宝アイテムではないかと、しばし興奮した。

 意味深なのは、CD-ROMのタイトルであった。タイトルの中の西暦が、書籍版とは違っているので不思議に思った。風雅書房の書籍の方のタイトルは、『Yellows MEN Tokyo 1995 AKIRA GOMI Photographs』。それに対し、CD-ROMは、『Yellows MEN Tokyo 1994 AKIRA GOMI Photographs』となっている。写真集の中身はまったく同じであるはずなのに何故、書籍の方は“1995”で、CD-ROMは“1994”なのだろうか。
 結論としてそれは、「撮影年」の表記ではなく、「出版年」の表記だから――ということに尽きるのではないかと思われるが、一応、撮影にまつわるデータを振り返っておく。撮影データは前回の際に記したが、書籍版では、写真集“Yellows MEN”の撮影年月日は、1994年3月23日~25日の3日間となっており、CD-ROMの方の表記もまったく同じ。ついでに補足すれば、撮影場所はバナナプランテーション、カメラはMamiya 645。すべてデータは同じであり、同じ撮影プロダクトを指している、ということになる。

 やはり、書籍の「出版年」は1995年だから――と冷静に沈着しようとしたその瞬間、ふと気がついた。もしかすると、このタイトルの中の西暦違いのからくりというのは、それぞれ個別の出版権の問題を回避するためだったのではないか。中身の原版は同じ。しかし、同じ著作から派生したアイテム群とは扱えない権利上の事由――。CD-ROMの販売元は、DIGITALOGUE。メディア戦略として、もともとこちらに優先的な権利があって、書籍版の方は、あくまで付随的な出版だったのではないだろうか。
 そう考えても、なかなか腑に落ちない。何か落着せず、もやもやとしたものが残る。ともあれ私は、CD-ROMの中身を実際に見てみることにしたのだった。

§

 おいおい――と奇跡を起こしてくれた天に向かって、私は文句を言いそうになった。何故なら、この古めかしいCD-ROM、これを再生するのに、大いに手間がかかったからである。
 何より、まず最新のWindows OSでは再生できなかった(そんなことは最初から分かっていたが、やらずにはいられなかった)。最新のMac OSでも無理のようである。ならば、この古めかしいCD-ROMがまっとうに再生できる、古いスペックのMacを用意しなければならなくなった。CD-ROMに記載されていた「必要システム」には、
《Macintosh LCII以上(68030以上のCPU)、漢字トーク7以上、空きメモリ5MB以上、QuickTime Ver.2.0以上、13インチ以上のカラーモニタ、24bitのビデオボードまたは16bitカラー表示可能なシステム》
 とある。この条件を満たす古いスペックのMacを、私は調達することにした。なるべく無駄な支出は抑えたいところだったが――。

【CD-ROMを再生するために入手したMacintosh PowerBook G3】
 そうしてあれやこれやでネット市場で見つけたのが、Macintosh PowerBook G3 Series M5343である。スペックは400MHz/1MB Cache/64MB/6GB HD/8MB Video/DVD。Mac OSのヴァージョンは8.6。確かに古い。そのMac本体の見た目は非常に傷が多くて、全体的に黒ずんでいて汚れていた。モダンなMacらしさは微塵も感じられない。しかも、拡張スロット(DVD-ROM)の挿入口が壊れかけていた。したがって、破格値であった。破格値であったから、私は買った。なんとかこれで、あのCD-ROMが再生できれば――と天に祈るばかりであった。
 結果、祈りが通じた――のかどうかはさておき、CD-ROMはなんとか再生できた。ただし、スロットの挿入口が壊れていてぴたりと完全に締まらず、そのままの状態では再生してくれなかった。そこで私は、昭和的解決法としての大秘策、“粘着テープ”の力を借りることにした。粘着テープを挿入口に貼りつけ、完全に閉じた状態となるよう固定し、再生に支障をきたさないようにした。すると、問題なくメディアを読み込んでくれて、この問題は解決したのだった。

§

【モニタ画面に表れた“YELLOWS MEN”のロゴ】
 CD-ROMは、マクロメディアの「MacroMedia Director 4.0」仕様である。PowerBook G3には、当時のQuickTime2.0がインストールされていて、“YELLOWS MEN 1994 TOKYO”のロゴがモニタ画面に現れた。
 コンテンツは、いわゆるフォト・スライドショーになっていた。ちょっとしたビデオ(全写真をつなげて編集した簡単な作品)や個別のカット写真や個人のプロフィールを閲覧することができる。また、年齢や血液型、身長、体重、スリーサイズなどといったカテゴリーから、見たい個人の写真を検索することもできる。

 そうしてこのCD-ROMを再生してみて驚いたのは、これらの写真が、なんとカラーだったことである。写真集“YELLOWS MEN”はモノクローム作品ではなかったのか――。思わず絶句したのだけれど、CD-ROM版では厳然たる事実として、カラーで顔とヌードを閲覧することができるのだ。

 となると、先述の謎が解けたような気がした。同じ作品であって、同じ作品ではないのである――。もともと撮影ではカラーフィルムを使い、書籍版ではモノクローム処理を施していた、ということになる。
 今回使用したMacのモニタ・ディスプレイのスペックでは、というか当時のMacでは、解像度の点で書籍版の写真よりかなり劣る。いわゆる写真画質の呈を成しておらず、あくまでインデックス画質程度に過ぎない。また、カット写真のズームイン/アウトもできない仕様となっている。後半に続く。

コメント

過去30日間の人気の投稿

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

人生ゲームと約束手形

YELLOWSという裸体

樋口可南子と篠山紀信

さようならヨーカドー