投稿

11月, 2020の投稿を表示しています

☞最新の投稿

ライオンミルクさんのフォンドボー

イメージ
【Lionmilkのアルバム『Depths Of Madness』】  2度目の緊急事態宣言下の定点観測――。ウイルス感染拡大防止の重大局面として、切迫したただならぬ様相とは言えども、既に政治は愚鈍化(政治家が愚鈍化)し、地球全体が愚鈍と化してしまっている。おおよそ、人間の知的な感覚(=知性)の後退期とも思えなくもない。社会は度重なる抵抗と服従による災厄の、右往左往の日々が続いている。言うまでもなく、コロナ禍である。人々の先々の展望は、10メートル先の針穴を見るようにとらえづらい。  ところで私が最近、聴き始めてから意識的に“定着”してしまっている海外の音楽がある。モキチ・カワグチさんのLionmilk(ライオンミルク)名義のアルバム『Depths Of Madness』(ringsレーベル/Paxico Records/2018年)である。モキチ・カワグチさんは、アメリカ・ロサンゼルス出身の日系アメリカ人ビートメイカーで、アルバム自体は、自由気ままな、少々ゆったりとした、エレクトロ系の人工的な解釈によるジャズとフュージョンの、言わば“fond de veau”(フォンドボー)のようなサウンドである。これを私は毎夜聴くことにより、多少なりとも、不穏な日々の精神安定剤となり得ている。 §  彼と彼の音楽について、ringsレーベルのプロデューサーの原雅明氏による短い解説にはこうある。 《ロサンゼルス生まれの日本人キーボード奏者モキチ・カワグチは、ニューヨークの名門ニュースクール大学でジャズ・ピアノを学び、Lionmilk名義ではシンガーソングライターでありビートメイカーでありマルチ奏者でもある多彩な顔を見せる。この才能豊かな24歳の音楽、本当に要注目です》 (『Depths Of Madness』ライナーノーツより引用) 【月刊誌『Sound & Recording Magazine』2019年12月号より】  月刊誌『Sound & Recording Magazine』(リットーミュージック)2019年12月号には、ロスのウェストレイク・ヴィレッジにある彼のプライベート・スタジオでのインタビュー記事が掲載されていた。  私はそれを読んで知ったのだけれど、彼の所有するエキセントリックなローファイ機材(ヴィンテージのエレピ、チープなリズムマシン、宅録用

プレイバック―さらば洋酒天国、恋のソプリツァ

イメージ
【琥珀色に輝くサントリーのトリス・クラシック】  我が愛しの“洋酒天国”――。どうやら去る時がやって来たようである。悔いはない。  サントリーのトリスを飲む。瑞々しく、琥珀色に輝く“TORYS CLASSIC”の、なんたる落ち着き払った佇まいよ――。束ねられた複数の冊子の中から、無為に一冊を選び取り、それをゆったりと眺めていると、目くるめくそれぞれの邂逅の日々が走馬灯のように、記憶から記憶へ諄々と甦り、グラスの氷が溶け出す酔い心地とはまた別格の、まことに風雅な夜のひとときを過ごすことができるのであった。  先々月の当ブログ 「『洋酒天国』―全号踏破とサイエンス・フィクション」 でお伝えしたように、10年以上前から私のコレクター・アイテムとなっていた『洋酒天国』は、 第1号 から 第61号 まで、既に全号踏破することができた。ゆえに燃え尽きたわけである。  そこでこの機に私は、これら冊子のほとんどすべてを、思い切って手放すことにしたのだった。尤も、大した決断とも言えない――。  古書というものは、人の手に転々となにがしかの世間を渡り歩く。熱意ある紳士淑女がどこかにいて、これらの懐かしい文化と趣向に遭遇し、なんとも数奇な悦楽の醍醐味を味わうことになるだろう。あわよくば、私の手元でこれらの本が、誰の目にも触れずに朽ち果てるよりも、こうしてさらなる外海への放浪の旅という運命の方が、遥かにロマンティックであり、淑やかであろう。これら酒と風俗の文化を煮詰めた『洋酒天国』の比類ない特質に、旅はよく似合うのである。  そうした取り決めが進むまでのあいだ、そのうちの一冊を、再び読み返してみようではないか。  手に取った『洋酒天国』は 第21号 である。この号は、6年前の 「『洋酒天国』きだみのる氏の酒」 で紹介した。ただしその時は、きだ氏のエッセイ一つを紹介したのみであった。開けば、それ以外の、とうに忘れてしまっていた鮮やかなるエッセイや写真などが目に飛び込んできて、思わぬ探訪の途を愉しむことができた。というわけで、再び第21号を紹介することになるのだけれど、本当にこれが最後の、「私の“洋酒天国”」なのである。 § 【再び登場『洋酒天国』第21号】  壽屋(現サントリーホールディングス)PR誌『洋酒天国』(洋酒天国社)第21号は昭和33年1月発行。表紙の写真のシャンデリアや水晶の如き

ベストセラー本『HOW TO SEX』への回帰

イメージ
【奈良林祥著『HOW TO SEX 性についての方法』(KKベストセラーズ)】  お待ちかね、前稿の 「家庭の医学―新赤本のこと」 でも触れた、1971年初版の奈良林祥著『HOW TO SEX 性についての方法』(KKベストセラーズ)について――。既に、私の性教育サイト [男に異存はない。包茎の話。] の 「奈良林祥の『性についての方法』―包茎と自慰の話」 や特集コーナー 「奈良林祥先生のセックス講義 セックスとオーガズム」 でこの本について多く触れている。が、もう少し中身について突っ込んだ話をしておきたい。とにかくこの本は隠れた名著なのである。 § 【写真家・大森堅司氏撮影による美しいエロティックなヌード・フォト】  さて、私がこの本とどういう形でめぐり会ったか――。  当時――1985年の中学1年生の頃――片田舎の書店を訪れると、中岡俊哉氏の著書『恐怖の心霊写真集』などを刊行していたサラブレッド・ブックスと、KKベストセラーズが席巻していて、後者の方は、“ワニの本”とか“ワニ・ブックス”などと通称され、どれもこれも面白そうなタイトルばかりであり、SFや雑学、パズル系、えっちな本など、夢中になって読みたくなるような蔵書が揃っていたりしたのだ。  当然、居心地の良い書店の中で、好奇心の強い中学生の私は、あらゆる出版社の書棚のタイトルを舐め回して見わたすわけだけれど、ある時やはり、“ワニの本”の“HOW TO SEX”というタイトルに気がつき、ほとんどそれに釘付けになってしまったのである。 【女体の艶めかしさや美しさが強調されたカラーフォト】  ただし、そういった“大人が読むべき本”を中学生が買うというのは、いろいろな意味合いで難しく、なかなか手出しできず、立ち読みすら心理的に困難な、とどのつまり、か弱い思春期の只中にいたわけであって、軽い漫画本や他の雑誌を買って帰ったその日の夜の、ある静まりかえった時間帯では、昼間の書店で見つけた“HOW TO SEX”というタイトルから想起される、特殊な妄想だけが頭の中で膨張し、紛糾し、発狂し、試験勉強など手につかず、なんとかかんとか勇気を出してそれを買うことができたのは、随分先の話、つまり6年後のことだった、という始末である。  私がそうして実際にこの本を買い、読み耽ったのは、〈高校を卒業した後だった〉と記憶している。だが、もし