☞最新の投稿

ライオンミルクさんのフォンドボー

イメージ
【Lionmilkのアルバム『Depths Of Madness』】  2度目の緊急事態宣言下の定点観測――。ウイルス感染拡大防止の重大局面として、切迫したただならぬ様相とは言えども、既に政治は愚鈍化(政治家が愚鈍化)し、地球全体が愚鈍と化してしまっている。おおよそ、人間の知的な感覚(=知性)の後退期とも思えなくもない。社会は度重なる抵抗と服従による災厄の、右往左往の日々が続いている。言うまでもなく、コロナ禍である。人々の先々の展望は、10メートル先の針穴を見るようにとらえづらい。  ところで私が最近、聴き始めてから意識的に“定着”してしまっている海外の音楽がある。モキチ・カワグチさんのLionmilk(ライオンミルク)名義のアルバム『Depths Of Madness』(ringsレーベル/Paxico Records/2018年)である。モキチ・カワグチさんは、アメリカ・ロサンゼルス出身の日系アメリカ人ビートメイカーで、アルバム自体は、自由気ままな、少々ゆったりとした、エレクトロ系の人工的な解釈によるジャズとフュージョンの、言わば“fond de veau”(フォンドボー)のようなサウンドである。これを私は毎夜聴くことにより、多少なりとも、不穏な日々の精神安定剤となり得ている。 §  彼と彼の音楽について、ringsレーベルのプロデューサーの原雅明氏による短い解説にはこうある。 《ロサンゼルス生まれの日本人キーボード奏者モキチ・カワグチは、ニューヨークの名門ニュースクール大学でジャズ・ピアノを学び、Lionmilk名義ではシンガーソングライターでありビートメイカーでありマルチ奏者でもある多彩な顔を見せる。この才能豊かな24歳の音楽、本当に要注目です》 (『Depths Of Madness』ライナーノーツより引用) 【月刊誌『Sound & Recording Magazine』2019年12月号より】  月刊誌『Sound & Recording Magazine』(リットーミュージック)2019年12月号には、ロスのウェストレイク・ヴィレッジにある彼のプライベート・スタジオでのインタビュー記事が掲載されていた。  私はそれを読んで知ったのだけれど、彼の所有するエキセントリックなローファイ機材(ヴィンテージのエレピ、チープなリズムマシン、宅録用

ベストセラー本『HOW TO SEX』への回帰

【奈良林祥著『HOW TO SEX 性についての方法』(KKベストセラーズ)】
 お待ちかね、前稿の「家庭の医学―新赤本のこと」でも触れた、1971年初版の奈良林祥著『HOW TO SEX 性についての方法』(KKベストセラーズ)について――。既に、私の性教育サイト[男に異存はない。包茎の話。]「奈良林祥の『性についての方法』―包茎と自慰の話」や特集コーナー「奈良林祥先生のセックス講義 セックスとオーガズム」でこの本について多く触れている。が、もう少し中身について突っ込んだ話をしておきたい。とにかくこの本は隠れた名著なのである。

§

【写真家・大森堅司氏撮影による美しいエロティックなヌード・フォト】
 さて、私がこの本とどういう形でめぐり会ったか――。
 当時――1985年の中学1年生の頃――片田舎の書店を訪れると、中岡俊哉氏の著書『恐怖の心霊写真集』などを刊行していたサラブレッド・ブックスと、KKベストセラーズが席巻していて、後者の方は、“ワニの本”とか“ワニ・ブックス”などと通称され、どれもこれも面白そうなタイトルばかりであり、SFや雑学、パズル系、えっちな本など、夢中になって読みたくなるような蔵書が揃っていたりしたのだ。
 当然、居心地の良い書店の中で、好奇心の強い中学生の私は、あらゆる出版社の書棚のタイトルを舐め回して見わたすわけだけれど、ある時やはり、“ワニの本”の“HOW TO SEX”というタイトルに気がつき、ほとんどそれに釘付けになってしまったのである。

【女体の艶めかしさや美しさが強調されたカラーフォト】
 ただし、そういった“大人が読むべき本”を中学生が買うというのは、いろいろな意味合いで難しく、なかなか手出しできず、立ち読みすら心理的に困難な、とどのつまり、か弱い思春期の只中にいたわけであって、軽い漫画本や他の雑誌を買って帰ったその日の夜の、ある静まりかえった時間帯では、昼間の書店で見つけた“HOW TO SEX”というタイトルから想起される、特殊な妄想だけが頭の中で膨張し、紛糾し、発狂し、試験勉強など手につかず、なんとかかんとか勇気を出してそれを買うことができたのは、随分先の話、つまり6年後のことだった、という始末である。

 私がそうして実際にこの本を買い、読み耽ったのは、〈高校を卒業した後だった〉と記憶している。だが、もしかすると、中学生の時に既に購入していて、読んでいたのではないか――とさえ思えなくもなく、遠い記憶が濃霧のように曖昧になり、記憶の確証がぐらついてしまっているのである。
 もしそうだとすると、甚だおかしなことになるのであった。
 何故なら、中学3年生の時――これははっきりしていることだが――まだ包茎についての予備知識も対処法の知恵もなく、ただ茫然と意味も分からないまま、自分のペニスの包皮の隙間から、ちらりと微かに見えていた尿道が、“いったい何物であるか”を知るべく、初めて包皮をすべて剥いて亀頭を完全に露出させた――というまったく個人的な事件=“体験的事実”(男子では当たり前に経験する行為)から推理すれば、やはりその時分にこの本が手元にあったとは考えにくいのであって、元の記憶通り、高校卒業後という濃霧の曖昧な記憶の方が勝るのわけである。
 こうしたくだらない瑣末でありながら、10代の後半期にこの本を買って読み、事後知識として包茎について知った、ということは、どうやら疑いの余地はない(※ちなみに実際に買って読んでいたのは、初版ではなく、その改訂版の『新HOW TO SEX 性についての方法』。本の内容は写真以外、初版とほぼ同じ)。

§

【奈良林先生の略歴と「著者自身の広告」】
 医学博士・奈良林祥先生の略歴は、表紙の裏にある。
《大正8年、東京生まれ。東京医大卒。医学博士。初め産婦人科学を専攻のちに公衆衛生に転ずる。昭和36年から主婦会館生活相談室長を務め、結婚カウンセラー業に専念。38、39年アメリカ、44年北欧にそれぞれ結婚に関する国際会議などに出席。『二十歳前後の本』『なんの本だろう』『性の芸術・よろこび』はベストセラーになった》
(奈良林祥著『HOW TO SEX 性についての方法』より引用)

 この略歴で《昭和36年から主婦会館生活相談室長を務め》とあるように、私が最近、文献資料として彼の著述を確認した『保健同人 家庭の医学』昭和48年11月改訂版(の昭和54年86刷)には、「性の知識」の監修筆者として《主婦会館結婚生活相談所長 奈良林祥》と掲載してあったから、プロフィールに間違いはない。彼が『HOW TO SEX 性についての方法』を書き始めた際は、その相談所の所長という役職についていたことになる。

 現在主婦会館は、「財団法人 主婦会館プラザエフ」として、東京千代田区の四ツ谷の駅前に、そのビルディングをかまえている。主婦会館については、公式ウェブページにその略歴が記されてあった。
《消費者の権利を守る運動の拠点として、1956年に誕生した主婦会館は、初代理事長であると同時に主婦連合会の創立者である奥むめおの「消費者運動のための会館」という考え方を受け継いだ施設として展開してまいりました。この間、その趣旨に賛同していただいた多くの皆様に支えられて現在に至っております。1998年には、主婦会館プラザエフとして改築し、消費者相談や消費者セミナーなどの公益事業の運営を中心とすると同時に、広く皆様方の交流、会合、活動の場としてご利用いただいております》
([主婦会館プラザエフ]ウェブページより引用)

【本中の図解もまた美しく、科学的で分かりやすく、官能的】
 平塚らいてうらと新婦人協会を設立した、婦人運動家の奥むめおという人のことについては、ここでは書かない。それはそうと、奈良林先生は『HOW TO SEX 性についての方法』のあとがきで、この本を執筆した経緯について、こんなことを書いている。
《性について悩んでいる人たちはもちろんのこと、性についての記事を書くために私のところに取材に来る記者諸君についても、なんとも、性について知らなすぎるのである。いや、知ってはいるのだけれど、その知り方の方向がちがっていたり、知り方そのものの基盤がすでに狂っていたりして、私の目からみると、なんとも、歯がゆく、いら立ちを覚えるという場合が余りにも多すぎる。そういう歯がゆさや、もどかしさに対して、いちいち“いや、ちがうんだなあ、キミのその理解の仕方は”とやっていたのでは、アゴがだるくなるどころか、アゴがいくつあっても足りない、ということになる。
 そこで、一計を案じて、実用性があり、具体的な疑問にもはっきりと答えを出し、しかも、性についての見方、考え方の誤りを的確に正すような、いうならば超えてるセックスの本を書いてしまうことにした》
(奈良林祥著『HOW TO SEX 性についての方法』「この一冊で正しい性知識を―あとがきにかえて」より引用)

 《超えてるセックスの本を書いてしま》えという言葉に、思わずはっとなり、同時に圧倒される思いがした。
 オランダ出身の産婦人科医で医学研究家であったテオドール・ヘンドリック・ヴァン・デ・ヴェルデの1926年の著書『完全なる結婚』(河出文庫、安田一郎訳)は、偉大なるセックスの書というべきもので、結婚入門書という要諦の本書には、性とセックスに関するいわゆるセクソロジーがかなり詳らかに解説されたものであり、実はこの著書は、日本でも昭和5年に刊行されたのだが、すぐに発禁本となり、戦後の昭和21年にようやく大洋社から邦訳版が刊行されるという経緯がある“曰く付き”の本である。
 奈良林先生のカウンセリングの、結婚に関する奨励事項はもとより、『HOW TO SEX 性についての方法』におけるセクソロジーのevidenceというのは、結局、ヴァン・デ・ヴェルデの『完全なる結婚』が基盤にあることは明白であり、“超えてるセックス本”という自身の解釈もまた、まことに類似もしくは共通しているのであった。

§

【目次のトピックも関心が注がれる名文句ばかり】
 『HOW TO SEX 性についての方法』の内容の最初は、ペニスについて。そこに陰茎の断面図が記されており、性的刺激云々、勃起中枢云々の解説である。その次はなんと、処女膜について。女性の外性器の処女膜が切れている云々と、事実的処女の問題とは、なんの関係もないことが科学的に論説され、また事実的処女云々にこだわること自体、男子たる妄想はいかがわしく、まったくナンセンスだというような話になっていて、これは実に科学的、かつ痛快な彼独特の文体で切り捨てており、甘ったるさが微塵もなく、本当に読み応えがあるのだ。
 ちなみにそれ以降の内容は、ペニスの大きさ、包茎と早漏、自慰、性交時の挿入の仕方、射精、男女のオーガズムの差異、性交体位、妊娠中のセックスについての注意事項、腟の美容体操、避妊方法、というふうになっている。

 ハウ・トゥ・セックス――セックスの指南書、もしくはセックスについてエロティックに書かれてある本というイメージが先行して、私は10代の時、興味本位でこれを買った。もっとはっきり言ってしまえば、セクソロジー云々よりも、中身に満遍なく掲載されていたヌード・フォトを拝見したかっただけ――だったと思う。
 10代の私は、この本に書かれてあるセックスについてのあらゆる知識や技術など、どうせスケベな男共を掻き立てる性欲の罠、またはペテン、似非科学のたぐいだろうと決め込み、それをほとんど信じていなかった。メディアや街中に氾濫するいかがわしい性情報に惑わされたくない、と思っていたのが原因である。つまりは、その本に書かれてある事柄について、半信半疑だったわけである。
 尤も、この本のタイトルだけを巷の噂で知り、買って読まずに「あれはエロ本だ」、「色物のたぐいだ」と馬鹿にして素通りしてしまった男性諸君が、あの時代に多くいたのではなかったか――という推測が、ここで成り立つのである。実際にセックスに関する書籍が充満し、セクソロジーの昇華の時代という点において、70年代から80年代は風俗史として特筆すべきなのだろうけれども、むしろ、こうした奈良林先生の性に関する専門書を“エロ本”と誤解していた人は、数多くいただろうと思うのである。

【性交体位に関する解説。セックス指南書の面目躍如】
 しかしながら、私は昨今、あらためてこの本を読み返した時、奈良林先生が書いた内容が、幼少期の頃に私の自宅にあった『保健同人 家庭の医学』(保健同人社の通称“新赤本”)の本の中の、数ページにも及ぶ「性の知識」なる文章と類似していて、しかもそれが結局、奈良林先生の監修執筆の文章であったことが分かり、まったく驚いて目から鱗が落ちたのである。
 この数年間、私が独学で知り得たセクソロジーの見地からしても、医学博士としての先生の功績は、疑う余地なしの正しい情報(性の知識)であったのだ。少なくとも数年前まで、私は奈良林先生という人を、たいへん誤解というか勘違いしていたことになる。無知とは言え、猛省の極みである。

 ということで、ベストセラー本『HOW TO SEX 性についての方法』の、より具体的な内容については、私の性教育サイト[男に異存はない。包茎の話。]の中で今後、折々の際に綴っていくつもりである。関心のある方は、どうかそちらをご覧いただきたく思う。

コメント

過去30日間の人気の投稿

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

YELLOWSという裸体

拝啓心霊写真様

樋口可南子と篠山紀信

人生ゲームと約束手形