投稿

1月, 2021の投稿を表示しています

☞最新の投稿

寺山修司が語る音楽とエロス

イメージ
【1983年刊、サントリー音楽叢書③『エロス in Music』】  個人的にここしばらく文学や演劇に関しては、寺山修司に着目し、その周縁の人々や作品に没頭していたいと思った。ごく最近知り得たのは、寺山修司がエロス(肉欲から通ずる愛。性愛)について述べた言説である。寺山と民族音楽の造詣が深い小泉文夫とが、“対談”という形式で、音楽に係るエロスについてのディスカッションを編纂した、ある書籍の企画があった。1983年刊のサントリー音楽叢書③『エロス in Music』(サントリー音楽財団・TBSブリタニカ)である。  はじめにざっくりと、この本のシリーズ――サントリー音楽叢書――について解説しておく。1982年1月に、最初のサントリー音楽叢書①『オペラ 新しい舞台空間の創造』が刊行された。この本の主なトピックスとしては、ドナルド・キーン、山田洋次、大木正興らによる鼎談「オペラへの招待」や、坂東玉三郎と畑中良輔による対談「オペラVS.歌舞伎」など。同年7月には、第2弾となるサントリー音楽叢書②『1919~1938 音楽沸騰』が出る。2つの世界大戦に挟まれた時代の現代音楽をテーマとし、武満徹、諸井誠、山口昌男らによる鼎談「もうひとつの音楽を求めて」、柴田南雄と高階秀爾の対談「現代への投影」といった内容が盛り込まれている。  ところで詳しい経緯は分からないが、いくら調べてみても、1983年刊のサントリー音楽叢書③以降のシリーズは、見当たらないのである。どうもこのシリーズは、わずか2年の間のたった3冊の出版で打ち切りとなったようだ。  この事情を当て推量するならば、3冊目の『エロス in Music』の内容が、当時にしてはあまりにも、強烈かつ斬新すぎたのではないか――。しかし、その内容が決して的外れなものではなく、かなりエロスの本質に踏み込んだ、音楽との係わり合いについて多様な論客を結集した内容であったことは、言うまでもない。ちなみにこの本の表紙の画は、池田満寿夫氏の作品である。本中にも池田満寿夫と佐藤陽子の二人が、「音楽・絵画・エロス」と題し、随筆を寄稿している。 【本の巻頭を飾る対談「エロス in Music」の寺山修司】 ➽寺山修司とは何者か  では、サントリー音楽叢書③『エロス in Music』における寺山修司と小泉文夫の対談――“音楽の中のエロス”――に話を絞ろう。

恐怖の心霊写真ふたたび

イメージ
【静岡県掛川市の大庭さんの写真。昭和49年撮影】  いま、私自身の個人的な創作活動の中で、モチーフの一つとして、“オカルト”的な要素を必要とした経緯があり、その方面の文献資料をむさぼり読んでいる。そもそも“オカルト”(occult)とはどういう意味だろうか。辞書を引くと、こうある。 《神秘的・超自然的な現象。念力・テレパシー・心霊術など》 (『明鏡国語辞典』第二版)。 わかりやすい言葉で簡潔に述べれば、「超常現象」のことである。  さらに付け加えて書いておくと、私が主に調べているのは、ヨーロッパの古代ケルト人のことだったりする。ケルト人の一派(Gallia)のその社会的体制においては、ドルイド(Druid)という知識層の特権階級があり、その祭司と、ウァテス(Wotes)というその下位集団にあたる自然科学・天文学をもとにした占い師の政治的関係から、現代にまで知られているような“オカルト”――神秘主義や「超常現象」――の皮相の因果は、この古代ケルトに遡ると仮説を立ててみることができ、たいへん関心の度合いが熱を帯びてきて面白いのである。  そうした史学的な背景を踏まえたうえで、「超常現象」の一つであろう心霊現象、そのうちの顕著な肉眼的表象ともなる媒体=心霊写真というものに今一度、関心を寄せてみようと思う。敢えて先に申し上げるとするならば、「超常現象」の媒体というものは、常に政治的な様相をはらんでいる――ということだ。 § 【中岡俊哉編著『続 恐怖の心霊写真集』(二見書房・サラブレッド・ブックス)】  こうした「超常現象」(一般的には“怪奇現象”という言い方もできる)の研究の分野における戦後日本で、能動的な活動を促し、かつメディアに度々出没して一世を風靡した方々が幾人かおられることは、承知の通りである。中でも特に有名なのは、心霊現象や超能力研究家として知られる中岡俊哉先生である。テレビで拝見してきた中岡先生の、黒縁の眼鏡はたいへん印象的だ。中岡先生は、あらゆるメディアを通じ、一般の視聴者などから送られてくる、心霊現象をとらえた写真=心霊写真の鑑定を続けてきた。かつて、テレビや雑誌などで、そうした心霊写真の“鑑定モノ”の特集番組や記事が度々組まれ、人気を博したわけである。  私の少年時代の愛読書であった中岡先生の代表的な出版本『続 恐怖の心霊写真集』(二見書房・サラブレッド・

ライオンミルクさんのフォンドボー

イメージ
【Lionmilkのアルバム『Depths Of Madness』】  2度目の緊急事態宣言下の定点観測――。ウイルス感染拡大防止の重大局面として、切迫したただならぬ様相とは言えども、既に政治は愚鈍化(政治家が愚鈍化)し、地球全体が愚鈍と化してしまっている。おおよそ、人間の知的な感覚(=知性)の後退期とも思えなくもない。社会は度重なる抵抗と服従による災厄の、右往左往の日々が続いている。言うまでもなく、コロナ禍である。人々の先々の展望は、10メートル先の針穴を見るようにとらえづらい。  ところで私が最近、聴き始めてから意識的に“定着”してしまっている海外の音楽がある。モキチ・カワグチさんのLionmilk(ライオンミルク)名義のアルバム『Depths Of Madness』(ringsレーベル/Paxico Records/2018年)である。モキチ・カワグチさんは、アメリカ・ロサンゼルス出身の日系アメリカ人ビートメイカーで、アルバム自体は、自由気ままな、少々ゆったりとした、エレクトロ系の人工的な解釈によるジャズとフュージョンの、言わば“fond de veau”(フォンドボー)のようなサウンドである。これを私は毎夜聴くことにより、多少なりとも、不穏な日々の精神安定剤となり得ている。 §  彼と彼の音楽について、ringsレーベルのプロデューサーの原雅明氏による短い解説にはこうある。 《ロサンゼルス生まれの日本人キーボード奏者モキチ・カワグチは、ニューヨークの名門ニュースクール大学でジャズ・ピアノを学び、Lionmilk名義ではシンガーソングライターでありビートメイカーでありマルチ奏者でもある多彩な顔を見せる。この才能豊かな24歳の音楽、本当に要注目です》 (『Depths Of Madness』ライナーノーツより引用) 【月刊誌『Sound & Recording Magazine』2019年12月号より】  月刊誌『Sound & Recording Magazine』(リットーミュージック)2019年12月号には、ロスのウェストレイク・ヴィレッジにある彼のプライベート・スタジオでのインタビュー記事が掲載されていた。  私はそれを読んで知ったのだけれど、彼の所有するエキセントリックなローファイ機材(ヴィンテージのエレピ、チープなリズムマシン、宅録用