☞最新の投稿

寺山修司が語る音楽とエロス

イメージ
【1983年刊、サントリー音楽叢書③『エロス in Music』】  個人的にここしばらく文学や演劇に関しては、寺山修司に着目し、その周縁の人々や作品に没頭していたいと思った。ごく最近知り得たのは、寺山修司がエロス(肉欲から通ずる愛。性愛)について述べた言説である。寺山と民族音楽の造詣が深い小泉文夫とが、“対談”という形式で、音楽に係るエロスについてのディスカッションを編纂した、ある書籍の企画があった。1983年刊のサントリー音楽叢書③『エロス in Music』(サントリー音楽財団・TBSブリタニカ)である。  はじめにざっくりと、この本のシリーズ――サントリー音楽叢書――について解説しておく。1982年1月に、最初のサントリー音楽叢書①『オペラ 新しい舞台空間の創造』が刊行された。この本の主なトピックスとしては、ドナルド・キーン、山田洋次、大木正興らによる鼎談「オペラへの招待」や、坂東玉三郎と畑中良輔による対談「オペラVS.歌舞伎」など。同年7月には、第2弾となるサントリー音楽叢書②『1919~1938 音楽沸騰』が出る。2つの世界大戦に挟まれた時代の現代音楽をテーマとし、武満徹、諸井誠、山口昌男らによる鼎談「もうひとつの音楽を求めて」、柴田南雄と高階秀爾の対談「現代への投影」といった内容が盛り込まれている。  ところで詳しい経緯は分からないが、いくら調べてみても、1983年刊のサントリー音楽叢書③以降のシリーズは、見当たらないのである。どうもこのシリーズは、わずか2年の間のたった3冊の出版で打ち切りとなったようだ。  この事情を当て推量するならば、3冊目の『エロス in Music』の内容が、当時にしてはあまりにも、強烈かつ斬新すぎたのではないか――。しかし、その内容が決して的外れなものではなく、かなりエロスの本質に踏み込んだ、音楽との係わり合いについて多様な論客を結集した内容であったことは、言うまでもない。ちなみにこの本の表紙の画は、池田満寿夫氏の作品である。本中にも池田満寿夫と佐藤陽子の二人が、「音楽・絵画・エロス」と題し、随筆を寄稿している。 【本の巻頭を飾る対談「エロス in Music」の寺山修司】 ➽寺山修司とは何者か  では、サントリー音楽叢書③『エロス in Music』における寺山修司と小泉文夫の対談――“音楽の中のエロス”――に話を絞ろう。

ネッシーと蘇格蘭とクレイモアの酒〈1〉

【私のお気に入りのスコッチ・ウイスキー「クレイモア」】
 湿った原野の如く懐かしい匂いを放つ、濃密な二つのアイテム――ある音楽と酒――に、私はいま翻弄され、愛しさの歓喜に満たされている。ロスで活動しているビートメイカー、ライオンミルクのアルバムともう一つ、スコッチ・ウイスキーの「CLAYMORE」(クレイモア)である。ここでは、スコッチの話とスコットランドの話をしてみたい。

§

 クレイモアの濃厚な旨味を初めて知ったのは、昨年の初夏の頃で、このブレンデッドのスコッチはアレクサンダー・ファーガソン社で造られている。語弊を恐れずに言うと、馴染みのあるバーボンのような、安心感のある濃厚さである。
 この独特な濃厚さに付き合っていくと、やがて心地良い睡魔にいざなわれ、この瞬間の絶妙な体感がたまらない。日本人の、特に若い人は、酒というものをことさら「馬に与える興奮剤」のように扱うが、それはとんでもない間違いである。このクレイモアのように――むろんこれはあくまで主観的感想ではあるが――紳士淑女の如く穏やかで、程よい時間に眠気を誘ってくれるといった、日常の礼節を重んじるブレンデッド・ウイスキーにおいては、本来的にピート(泥炭)のスモーキーフレーバーを想起させながら、その旨味の情趣を導き、文化人の生業として《善き友》となることを教えてくれるのであり、言わば親密なる精霊なのである。もっと奥深く言うなれば、種族的文化人に寄り添う親密な――全くの精霊なのだ。

 クレイモアのキーモルトは、スペイサイド蒸留所で造られるクラガンモア(CRAGGANMORE)である。何やら神秘的な香りが漂ってきた。シングルモルトのクラガンモアへの関心も、こうして高まってくる。スペイサイド蒸留所は、ハイランド地方にあるベン・マクドゥイ山の西麓に位置し、それより北西に位置したところに、あの有名な、ネス湖(Loch Ness)がある。ネス湖と聞けば、ネッシー伝説を思い出すが、その話はまた後述する。

 ところで私の幼い頃、どこからか“イギリス”と耳にし、誰かが“イギリス”の話をすれば、それはすなわち、イングランドではなく、スコットランドのことだった。いまにして思えば――である。ただしこのことは多少、誇張があることは承知している。が、やはりよくよく考えてみても、強いて言えばそれはロンドンを指し、それ以外のことはすべて、スコットランドを指していた。知識というのものは実にけばけばしく、夢想の産物と言っていい。
 スコットランドといっても、ハイランドとローランドという歴史上の分断がある。17世紀初頭、イングランド王となったジェームズ6世が、ハイランドを抑圧の対象とした。端的に分かりやすく言うと、ローランド以南イングランドはイングリッシュであり、ハイランドはケルト系ゲール語圏のアイリッシュである。そういうふうにお互いに罵り合ってきた歴史があるのだ。スコットランドの歴史については、高橋哲雄著『スコットランド 歴史を歩く』(岩波新書)がたいへん詳しい。

§

 遠いスコットランドへの愛慕が、日々のウイスキーの味をさらに深めてくれている。それともう一つ、思い出されるのは、あのタータン(tartan)の文様が、私の幼い頃、あまりにも“イギリス”を象徴しすぎていたことだった。少なくとも昭和の片田舎の、偏った教養の中においては――。
 ちなみに、それを“タータンチェック”と呼ぶのは、あくまで和製英語であり、日本では昔も今も気軽にそう呼んでいるが、本来は単にタータン(tartan)と呼ぶべきものである。どういうことかというと、タータンというのは、キルト(kilt)などを仕立てるための、赤や黒、緑や黄色などの色糸を使った格子縞の文様の毛織物を指し、古くからスコットランドより伝わる織物のことである。
 ただし、いわゆるクラン・タータンというような、氏族や家系を表した格子柄の文様というのは、古代からある伝統でもなんでもなく、大凡18世紀以降に制定されてきた軍隊の制服への採用がきっかけであり、クラン・タータンは言わば、政治的目論見による発祥なのであった。

 そういった込み入った歴史はともかく、日本においては、格子柄の文様を模倣し、他の衣服などに転用した際におそらく、それを、タータンの柄という意味で“タータンチェック”と呼んだに違いない。さらにこれを若者らが短く縮めて言い換え、“チェック柄”という奇妙な言葉が生み出されたわけだが――これ以上の詮索はやめておくことにする。ちなみに、スコットランドを古臭く和名らしい日本語に当てはめると、「蘇格蘭」と書く。格子縞の格の字が思慮深く用いられているのが、なんとも可愛らしい。

 さらにタータンの話である。
 私が小学生の時分に通っていた剣道スポーツ少年団では、毎年正月に欠かさず餅つき行事をやっていた。子ども達や保護者らが、寒い屋外で、杵で餅をつくのである。ついた餅は、ほとんどお汁粉の材料となって子ども達に提供された。
 そんな昭和時代の餅つき行事のスナップ写真が、幾枚か手元に残っている。ある双子の小学生が、赤と黒のタータンの柄の上着を着て参加していたスナップの写真がある。その写真を何かしらの機会に眺める時、いつも双子の兄弟のタータンが気になって気になって目に付いてしまい、もはやそれだけの意味の、あどけない写真記録と化してしまっていた。

 タータンの柄が目に付く理由を推察するならば、それはある種のちぐはぐさ、すなわち日本の餅つきという農村的な風習の表層に対して、イギリス=スコットランドの象徴が入り込んでいることの、ちぐはぐさ、奇妙さであった。しかし、農村的田舎的な風習という点においては、実は何ら違和感はなく、当時の流行り物としてのタータン=英国的、ロンドン的という十把一絡げ的解釈から外れて、皮肉にも的を射た象徴に収まっていることが、幼い少年だった私には、全く理解できていなかったために、それがちぐはぐに思われたのである。

§

 いま、チョコレートの商品「キットカット」はネスレが販売している。その昔、この「キットカット」のパッケージの冠には、“マッキントッシュの”――というのが附いていた。このことの理由は、かつてロンドンのロントリー社がジョン・マッキントッシュ社と合併し、1988年にネスレ社に買収されるまで、“マッキントッシュの”「キットカット」だった――からである。
 商品のイメージとしては、私個人の中でどうしても解消し得ない瑣末なのだけれど、あの「キットカット」というとても美味しいチョコレート商品が、私にとっては未だ、“マッキントッシュの”「キットカット」――なのである。冷静に考えれば、ネスレ社には大変慇懃無礼な話で恐縮である。子どもの頃に凝り固まったイメージや観念というのは、なかなか理性で片付けることができず、消えるものでもない。

 しばし、考察が過ぎると、スコットランドとそれ以外の、イングランドなどに関連した記憶との差異が混濁してきて、よく分からなくなる。
 少年時代に聴いていたビートルズとしてのイギリス、さらには姉がファンであったベイシティローラーズとしてのイギリス、実はこちらもタータンの印象が強いのだが、そうした子どもの頃のアイドル・ロック系バンドへの印象を加味すると、個人的なイギリスへの憧れは、意外なほど大きく、根深く、すべての思考の中枢(哲学だとか文学も含めて)を占めているのではないかと思えるほどであり、ことウイスキーに関しては、スコッチを外せるわけがない。しかし、スコッチ・ウイスキーを“イギリスの産物”と大雑把に称して片付けることは、到底できないことであり、してはならないのである。

 次回は、ネス湖とネッシーの話に依存したい。

コメント

過去30日間の人気の投稿

拝啓心霊写真様

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

YELLOWSという裸体

YELLOWS再考

樋口可南子と篠山紀信