投稿

10月, 2021の投稿を表示しています

☞最新の投稿

老人と子供のポルカ

イメージ
【左卜全とひまわりキティーズが歌う「老人と子供のポルカ」】  所有していたバイナル(レコード盤)が、家中を探しても、どうしても見つからない。いま私は、EP盤の「老人と子供のポルカ」(ポリドール)を探している。  これを歌っているのは、俳優の左卜全さんとひまわりキティーズである。1970年2月に発売されたシングルのバイナル。10年くらい前に買い、保管しておいたはずなのに、どこにも見当たらないのであった。  心霊研究家の中岡俊哉先生の本の中で、左卜全(ひだりぼくぜん)さんの霊を呼び寄せる実験――昭和48年にフジテレビの番組でおこなわれたという招霊実験――について書いてあったのを、私が思いだしてこのブログに書き記したのは、もうかれこれ10年ほど前になる( 「左卜全と心霊写真」 参照)。  卜全さんの霊を呼び寄せる実験の様子を放映していたテレビ画面の複写写真に、心霊が、つまり左卜全さんの霊が写っているのではないか――というのだが、中岡先生の鑑定によると、その写真に写っているのは卜全さんではなく、別の人の浮遊霊だという話。  こうしたエピソードを紹介したことがきっかけで、私は「老人と子供のポルカ」のバイナルを買い求め、それを所有していたのだけれど、今、手元にない――。ふっと、どこかに消えてしまったバイナルは、まさしく卜全さんの霊体のように、そもそも形として無かったのではないか。こんな恐怖の体験に駆られながらも、今一度、卜全さんの歌う「老人と子供のポルカ」について触れておきたいと思ったのである。 ➤左卜全という怪優  卜全さんの来歴については、珍しく Wikipedia が詳しい。  1894年(明治27年)、埼玉県出身。本名は三ヶ島一郎。公私に隔たりなく、奇人に見えた人であった。 Wikipedia の書き込みが比較的仔細に富んで詳しいのは、卜全さんが、とくに黒澤明監督の映画作品に多く出演し、その個性的な存在感を存分に発揮していたせいもあるのではないか。  佐藤忠男著『黒澤明作品解題』(岩波書店)には、卜全さんについてこんな記述がある。 《黒澤明は、メリハリのきいた明晰なセリフまわしの俳優より、聞きとりにくくても個性的な面白い喋り方をする俳優を好んでいるように感じられ、高堂国典や渡辺篤がその好例であるが、左卜全はその最たるものである》 (佐藤忠男著『黒澤明作品解題』より引用)

ダニー・ボイルがやらかした『ザ・ビーチ』

イメージ
【ダニー・ボイル監督の映画『ザ・ビーチ』。主演はレオナルド・ディカプリオ】  挫折感を味わった挙げ句、将来の自分への可能性に絶望し、共感者や理解者が皆無――。そんなふうに私自身が、“独りよがり”な心持ちに打ち拉がれていた“2000年”のあの頃のこと――。  PHSの端末からインターネットに接続し、ほそぼそとワールド・ワイド・ウェブやメーラー・アプリを立ち上げて、なんとか逃げ場としての“コミュニティ”の糸口を図ろうとしていたのは健気だった。しかし、ある映画の主人公が、自分と同じような境遇と心持ちでアジアを旅し、その楽園で快楽の絶頂を極めるのだけれど、そんな快楽は長く続くわけがなく、最後に主人公は、とんでもない痛い思いをして人生の辛苦をなめる――を目撃した時、私は何か、“吹っ切れた”というか、突破口を見出したような気がしたのだった。私がその時観た映画は、ダニー・ボイル監督の『ザ・ビーチ』(“The Beach”)である。 ➤『ザ・ビーチ』との邂逅  『ザ・ビーチ』のあらすじを、DVDにあった紹介文を引用して、掻い摘まんでおく。 《バンコクを旅するリチャードは、安宿でダフィと名乗る奇妙な男と出会った。ダフィは“伝説のビーチ”についてとり憑かれたように語った。そこは、美しすぎるほど美しく、日常のすべてから解放される夢の楽園――。その翌日、一枚の地図を残しダフィは変死していた。手にした地図をコピーし、“伝説のビーチ”行きを決意したリチャード。しかし、それは狂気に満ちた世界の始まりだった――。大ベストセラー小説をダニー・ボイル監督(「トレインスポッティング」)が映画化。斬新な映像と音楽で描くサバイバル・サスペンス》  話が前後するけれど、後年、ピーター・グリーナウェイ監督の映画『ピーター・グリーナウェイの枕草子』(“The Pillow Book”/1996年)を鑑賞し、主演のユアン・マクレガー(Ewan McGregor)がヴィヴィアン・ウーや緒形拳らと共演して、そのエキセントリックかつエキゾチックなストーリーを体当たりで演じていたのに、私は度肝を抜かれたのを憶えている。なんとそのストーリーは、ヴィヴィアンやユアンの裸体に、セイショウナゴンめいたニホンゴの毛筆字体が、つらつらと書き塗られていくのであった。  ダニー・ボイルは、『トレインスポッティング』(“Trainspott

新藤兼人監督の映画『心』

イメージ
【新藤兼人監督の映画『心』(アートシアター・パンフレットより)】  今にして思えば、私が幼少期を過ごした昭和の時代(昭和47年以降の1970年代)には、独特の空気が漂っていた。ここでいう空気とは、時代の雰囲気、あるいは気配といっていいのだけれど、少なくとも今の時代より賑やかであったし、そうしたものの象徴として、やや屈折した表現で喩えると、それは、「美しいどぶ」のようなものであった。どぶとは、言うまでもなく、雨水や下水を流す溝のことだ。  私が幼少期の頃に住んでいた団地の、その周囲で流れていたどぶというのは、新興住宅地であったからまだ新しく、清らかな川のせせらぎのようで、ある種の風流を思わせるものであった。底に苔生した碧のゆらめきが艶めかしく見える、それらのどぶは、決して汚い下水という印象はなく、全くもって美しい人工の川だったのだ。――雨の日の昼下がり、とある住宅地の、坂道の片側に流れるどぶを立ち止まって見ていた幼少の私は、これがこの世の人工的な美しさだと直感した。こうしたことが、象徴的な昭和の原風景として、私の眼窩に刻まれている。  話は変わる――。成長して小学生となったのち、その頃テレビの連続ドラマや映画になって話題となっていた、日露戦争を描いた「二百三高地」に心酔した時期があった。それは忘れもしない。「二百三高地」から多分に影響を受けて、私は、乃木将軍(乃木希典)の《殉死》と向き合ったのである。まったく少年期としては、いささか破廉恥な、あるいは不都合な観念の重々しい倫理の皮相に直面していたのだった。  ちょうどその頃、関東圏のローカル放送局(UHF)でたまたま放映されていた、新藤兼人監督の映画『心』(1973年、日本アート・シアター・ギルド)を観た――。原作は夏目漱石の 『こゝろ』 である。その映画における、心理的緊張感を漂わせた映像美に惹かれ、瞬く間に私は、激しい《困惑》を覚えた。何故ならば、そこで描かれていたのは紛れもない、たった一人の純朴な青年が、無惨にも恋と友情に同時に裏切られ、《自死》した姿だったのだから。 【新藤兼人監督(アートシアター・パンフレットより)】 ➤不穏な映画として  林光氏の流暢な音楽が、冷たく、五感を震わせる――。初めてこの映画を観た時、私はまだ小学生であったが、直感したのだった。ひどく不吉な、不均衡な、不調和な映画であると。主演の松

過去30日間の人気の投稿

拝啓心霊写真様

ぐだぐだと、寺山修司と新宿風月堂の話

恐怖の心霊写真ふたたび

地縛霊 恐怖の心霊写真集

リルケの駆け落ち話